QuickTime (.mov,.qt)

登録MIMEタイプ:video/quicktime
Apple QuickTimeファイル形式.
マルチメディアのコンテナ形式.
ビデオをアーカイブに保管したり,交換したりするためによく使用される.
音声とビデオのコンテンツを同時プレイバックするのに適した形式で保持する.
バイナリ形式.
ロスレスビデオだけでなくさまざまな音声とビデオのコーデックもサポートする.
1991年にAppleによって導入された.
  • ImportExportはQuickTimeのバージョン7以前のバージョンをサポートする.
  • WolframシステムのLinuxバージョンではQuickTimeへのエキスポートはできない.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.mov"] はQuickTimeファイルをインポートして,フレーム番号のリストを返す.
  • Export["file.mov",list]はグラフィックス,画像,任意の式のいずれかのリストを,各要素を映像フレームとしてエキスポートする.
  • ExportManipulateAnimateListAnimateの各式をQuickTime形式に変換することができる.
  • Import["file.mov",elem]は指定された要素をQuickTimeファイルからインポートする.
  • Import["file.mov",{elem,suba,subb,}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.mov",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポートの形式はImport["file","QuickTime"]あるいは Import["file",{"QuickTime",elem,}]で指定することができる.
  • 特定のサードパーティのQuickTimeアドオンを使うときは, "QuickTime"形式は明示的に指定しなければならない.
  • Export["file.mov",{expr1,expr2,}]は任意の式のリストをQuickTimeにエキスポートする.
  • リストをエキスポートするとき, のラスタライズされた画像に対応する静止画像から映像が構成される.
  • QuickTime映像の長さは,フレーム数と指定のフレーム率により決まる.
  • Export["file.mov",Manipulate[]]Manipulateオブジェクトのアニメーション化されたデモをQuickTimeにエキスポートする.
  • エキスポートされたQuickTimeビデオは,Manipulateオブジェクトと同じ大きさ,同じ速度で再生される.
  • Manipulateオブジェクトの中でブックマークが設定されている場合,Exportは各ブックマークの間を補間したQuickTimeファイルを作成する.このとき,Manipulateの速度と長さは維持される.
  • Export["file.mov",ListAnimate[]]ListAnimateオブジェクトをQuickTimeにエキスポートする.
  • Export["file.mov",expr, elem]expr が要素 elem を指定しているとしてQuickTimeファイルを作成する.
  • Export["file.mov",{expr1,expr2,},{{elem1,elem2,}}]は各 が対応する を指定している
  • Export["file.mov",expr,opt1->val1,]は指定の値を持つ指定のオプション要素で expr をエキスポートする.
  • Export["file.mov",{elem1->expr1,elem2->expr2,},"Rules"]は規則を使ってエキスポートする要素を指定する.
  • Macintosh用およびWindows用のWolframシステムでは,使用中のシステムにAppleのQuickTime Playerがインストールされていれば,追加のビデオエンコーディングが有効になる.
  • ImportExportについての完全な一般情報は関数のページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはQuickTime形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"それぞれの要素とオプションの規則の完全リスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Animation"アニメーションオブジェクト
    "Data"各フレームに対する未加工のビットマップデータの配列
    "Frames"ファイル中の静止画像の列を表す整数指標のリスト
    "Frames",nn 番目のフレーム
    "GraphicsList"グラフィックスオブジェクトのリストとして表されたフレーム
    "ImageList"画像のリストとして表されたフレーム
    "ImageList",n画像としての n 番目のフレーム
    "ImageList",{n1,n2,}複数のフレーム
  • ImportはデフォルトでQuickTime形式に要素を使用する.
  • Importで使用可能なメタ情報要素:
  • "BitDepth"ファイル内のそれぞれのカラーチャンネルを表示するのに使われるビット
    "ColorSpace"ファイル内で使用されるカラー符号化
    "Duration"アニメーションの長さ(秒)
    "FrameCount"ファイル内のフレーム数
    "FrameRate"1秒ごとに表示されるフレームの数
    "ImageSize"ラスタの大きさ
    "VideoEncoding"ファイルで使用されるビデオコーデック

オプションオプション

  • 一般的なExportオプション:
  • "FrameRate"151秒あたりのフレーム数
    "VideoEncoding""Cinepak"ファイルのビデオコーデック
    BackgroundWhite背景色
    ImageSizeAutomaticピクセル次元
  • 使用中のコンピュータシステムで利用できるビデオコーデックのリストはで見ることができる.
  • 固定画像次元のコーデックを使うときは,ImageSize->Automaticと設定すると,Exportは自動的にラスタ画像をサイズ変更して次元を修正する.
  • Export["file.mov",Manipulate[]]ManipulateオブジェクトをQuickTimeにエキスポートする.サポートされているオプションについての情報は,"SWF"および"FLV"のドキュメントを参照のこと.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

QuickTimeファイルをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

QuickTimeに画像の列をエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ManipulateをQuickTimeにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

QuickTimeファイル全体をアニメーションとしてインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

QuickTimeの例題ファイルで使用可能なImport 要素を示す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

メタ情報要素をインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

以下は個々のフレームを参照するのに使用できる整数指数のリストを返す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

最初と最後のフレームをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Graphicsをエキスポートするときは,フレームは最初のフレームの大きさでラスタライズされる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
2003年に導入
(5.0)
| 2010年に修正
(8.0)