RSS (.rss)

  • ImportはRSSの2.0.1以前のバージョンを完全にサポートする.

予備知識予備知識

    MIMEタイプ:application/rss+xml
    RSSのWebシンジケート形式.
    読者やニュースの集積者に頻繁にアップデートされるWebのコンテンツを伝えるためによく使われる.
    RSSはReally Simple Syndicationの頭字語である.
    名前,住所,そしてその他の連絡先を保持する.
    XMLに基づく形式.
    ニュースの見出しを日付情報やWebのリンクと一緒に保持する.
    1999年にNetscapeによってRDF Site Summaryの名前で導入された.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.rss"]はRSSファイルをノートブック式としてインポートする.
  • Import["file.rss"]はRSSファイルを読み取り,ノートブックとしてフォーマットされたそのコンテンツを返す.
  • Import["file.rss",elem]はRSSファイルから指定された要素をインポートする.
  • Import["file.rss",{elem,suba,subb,}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.rss",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポートの形式はImport["file", "RSS"]あるいはImport["file",{"RSS",elem,}]で指定することができる.
  • Importについての完全な一般情報は関数ページを参照のこと.
  • ImportStringはRSS形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"それぞれの要素とオプションの規則の完全リスト
    "Options"オプション,属性,設定についての規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Notebook"ノートブック式としてフォーマットされたRSSファイルを返す
    "NotebookObject"ノートブックを作成し,それを新しいウィンドウで開く
    "SymbolicXML"記号的なXMLの式としてインポートされたRSSファイル
  • Import要素をデフォルトとして使う.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

例題のRSSファイルをCell式としてインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

RSSファイルをインポートして,それをノートブックとしてフォーマットする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
2004年に導入
(5.1)
| 2007年に修正
(6.0)