Real32

  • Importは任意のバイナリデータを単精度数の列として読み取ることができる.
  • Exportは任意の整数または実数のリストをバイナリ単精度数に変換することができる.

予備知識予備知識

    IEEE単精度数の均一な列.
    バイナリデータ形式.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file","Real32"]は任意のファイルを32ビットのIEEE単精度数としてインポートし,実数のパックアレーを返す.
  • Export["file",list,"Real32"]は実数のリストをfile にエキスポートする.
  • Import["file",{"Real32",elem}]あるいはImport["file",elem ]は指定された要素をfile からインポートする.
  • Import["file",{"Real32",{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはReal32形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements" ファイルで有効な要素とオプション
    "Rules"それぞれの要素とオプションについての完全規則
    "Options"オプション,属性,設定についての規則
  • データ表現要素:
  • "Data"実数のリスト
  • デフォルトでImportExport要素を使用する.
  • Import["file",{"Real32",n}]n 番目の単精度数をfile から読み取る.
  • ImportInfinityをIEEEの「無限大」について返し,IndeterminateをIEEEの「NaN(無数)」について返す.
  • 末尾のバイトは,インポートされたファイルの大きさがデータサイズの倍数ではない場合には,無視される.

オプションオプション

  • 一般的なオプション:
  • ByteOrdering-1どのバイト順を使用するか
  • Importオプション:
  • "HeaderBytes"0ファイルの最初でいくつバイトをスキップするか

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

整数と実数のリストをIEEEの単精度数に変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

前の結果をWolfram言語の数に変換しなおす:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
2004年に導入
(5.1)
| 2007年に修正
(6.0)