SDTSDEM (.ddf)

SDTS GIS形式.
米国地質調査所により使用される地理情報標準.
地形データのアーカイブおよび交換に使用される.
SDTSはSpatial Data Transfer Standardの頭字語である.
ISO 8211に基づく.
米国連邦情報処理規格.
SDTSは複数の.ddfファイルを一般に.tar.gzファイルに組み合せたアーカイブを転送する.
ファイル拡張子.ddfはData Descriptive Fileから派生したものである.
バイナリ形式.
DEM(デジタル標高モデル)を含む.
デジタル線グラフは主に地図に使われるベクトルデータである.
デジタル標高モデルは標高値のラスタとして保管される.
  • ImportはSDTSDEMファイル形式に完全に対応している.
  • Import"SDTS"デジタル線グラフファイルを読むこともできる.

ImportとExportImportとExport

  • Import["dir","SDTS"]またはImport["dir"]はSDTSDEMディレクトリ全体をインポートし,全グラフィックスレイヤーの描画の組合せを返す.
  • Import["fileCATD.ddf"]はインポートするSDTSDEMバンドルのメインの.ddfファイルを明示的に指定する.
  • Import["dir"]Graphicsオブジェクトを返す.
  • Import["dir","elem"]はSDTSDEMファイルから指定された要素をインポートする.
  • Import["dir",{"elem","suba","subb",}]は子要素をインポートする.
  • Import["dir",{{"elem1","elem2",}}]は複数の要素をインポートする.
  • Importについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Data"地形標高値の配列
    "Graphics"ReliefPlotとして描画されるDEMファイル
    "Image"生のDEMデータの画像オブジェクト
    "ReliefImage"ReliefImageとして描画されるDEMファイル
  • Importはデフォルトで要素をSDTSDEM形式に使用する.
  • メタ情報要素:
  • "DataFormat"標高値を表すのに使用される型
    "ElevationRange"ファイルで表されている最大,最小標高値
    "RasterSize"地形格子のサイズ
    "SpatialRange"座標系単位で与えられる,地理座標の範囲
    "SpatialResolution"座標系単位の格子間隔
  • Import["file.dem","ElevationRange"]はメートル単位で標高値の範囲を与える.
  • Import["file.dem","SpatialRange"]はファイルでカバーされている地理的地域の境界座標を という形の式で与える.
  • ファイルで使用されている測地原点と準拠楕円体を表す要素:
  • "CoordinateSystem"ファイルで使用されている座標系の名前
    "Datum"測地原点
    "SemimajorAxis"準拠楕円体の長半径(メートル)
    "SemiminorAxis"準拠楕円体の半短径(メートル)
    "InverseFlattening"楕円の逆平坦化
    "LinearUnits"座標系単位
  • 地図投影法とそのパラメータを指定する要素:
  • "Projection"投影法名とパラメータ
    "Centering"投影の原点を定義する緯度と経度
    "StandardParallels"標準緯線
    "CentralScaleFactor"中心経線または投影中心におけるスケール因子
    "GridOrigin"中央緯線と中央経線のグリッド座標値
    "ProjectionName"使用されている投影法のWolfram言語における標準名
    "ReferenceModel"どの基準球,準拠楕円体を使用するか
  • ファイルの低レベルメタ情報にアクセスする:
  • "CoordinateSystemInformation"ファイルに保管されている座標系の生のパラメータ
  • 地図投影法の詳細情報はGeoProjectionDataファイルに保管されている座標系の生のパラメータ

オプションオプション

  • 一般的な描画オプション:
  • BackgroundNone背景色
    DataRangeAutomaticデータに想定する緯度と経度の値の範囲
    ImageSizeAutomatic画像の全体の大きさ
  • DEM描画オプション:
  • BoxRatiosAutomatic有効な3D囲み枠の比
    ColorFunction"Topographic"表面色をどのように決定するか
    DataReversedFalse行の順序を反転するかどうか
    LightingAngleAutomatic模擬照明が入ってくる有効な角度
  • Importオプション:
  • "DefaultElevation"Automaticファイルによってカバーされていない地域の標高設定
    "DownsamplingFactor"1各水平次元のDEMデータがインポートの際に削減される量の整数因子

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

SDTSDEMデジタル標高モデルをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

このファイルで利用できるImport要素の名前を取得する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

このSDTSDEMバンドルに含まれるファイルの名前を示す:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

ファイルで使用されている地図投影法についての情報を読み込む:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
2008年に導入
(7.0)
| 2010年に修正
(8.0)