SVG (.svg,.svgz)

  • ExportはSVGのバージョン1.0と1.1をサポートする.
  • Wolfram言語は静的なSVGグラフィックスをエキスポートする.

予備知識予備知識

    MIMEタイプ:image/svg+xml
    SVGベクトルグラフィックス形式.
    Web上での2次元のベクトルグラフィックス用.
    いくつかのWebブラウザとブラウザのプラグインで一部サポートされる.
    SVGはScalable Vector Graphics(スケーラブルベクトルグラフィックス)の頭字語である.
    XMLに基づくテキスト形式.
    静的なグラフィックスとアニメーショングラフィックスを表示することができる.
    任意のアルファチャンネル付きのRGBカラーをサポートする.
    W3C SVG Working Groupによって1998年以来開発されている.

ImportとExportImportとExport

  • Export["file.svg",expr]はテキスト,あるいはベクトルのグラフィックスをSVGにエキスポートする.
  • Export["file.svg",expr,elem]expr が要素elem を指定しているものとして扱って,SVGファイルを作成する.
  • エキスポートの形式は,コマンドExport["file",expr,"SVG"]で明示的に指定することができる.
  • Exportについての完全な一般情報は関数ページを参照のこと.
  • ExportStringはSVG形式をサポートする.

要素要素

  • データ表現要素:
  • "Graphics"任意の2Dグラフィックス
  • Export 要素をデフォルトで使用する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (4)  (4)

ベクトルグラフィックスをSVGにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

以下ではフォーマットされたテキストをSVG形式に変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

関数プロットをSVGにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

Wolfram言語で作成されたSVGデータを表示する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2003年に導入
(5.0)
| 2007年に修正
(6.0)