SWF (.swf)

登録MIMEタイプ:application/x-shockwave-flash
Adobe/Macromedia Flashファイル形式.
Web上のインタラクティブなアニメーションベクトルグラフィックス,ビデオ,サウンドに使われる.
SWFはShockwave Flashから派生した頭字語である.
SWFは通常HTMLに埋め込まれ,ブラウザのプラグインで再生される.
  • ExportはAdobe Flash Playerバージョン7.0以降と互換性のあるSWFファイルを作成する.

ImportとExportImportとExport

  • Export["file.swf",{expr1,expr2,}]は任意の式のリストをSWFにエキスポートする.
  • リストをエキスポートするとき, のラスタライズされた画像に対応するフレームからアニメーションが構成される.
  • SWFアニメーションの継続時間はフレーム数と指定のフレームレートで決定される.
  • Export["file.swf",Manipulate[]]Manipulateオブジェクトのアニメーション化されたデモンストレーションをエキスポートする.
  • エキスポートされたFlashアニメーションは同じ速度で再生され,Manipulateオブジェクトと同じ大きさとなる.
  • Manipulateオブジェクト中にブックマークが設定されている場合,ExportManipulateの速度と継続期間を維持し,ブックマーク間を補間してSWFファイルを作成する.
  • Export["file.swf",ListAnimate[]]ListAnimateオブジェクトをFlashアニメーションとしてエキスポートする.
  • Export["file.swf",expr,elem]expr が要素 elem を指定してるとしてSWFファイルを作成する.
  • Export["file.swf",expr,opt1->val1,]は指定の値を持つ指定のオプション要素で expr をエキスポートする.
  • Exportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ExportStringFlash SWF形式をサポートする.

オプションオプション

  • 一般的なオプション:
  • BackgroundWhiteエキスポートされたアニメーションの周りの充填された領域の色
    ImageSizeAutomaticアニメーション化されたオブジェクトのピクセル次元
  • ImageSizeAutomaticに設定されており,画像の大きさは与えられた式から決定することはできない場合,エキスポートされたオブジェクトの最初のフレームがラスタライズされて,結果のアニメーションの大きさとされる.
  • ビデオエンコードと圧縮設定:
  • "CompressionMethod"NoneSWFデータを圧縮するかどうか
    "VideoEncoding""ScreenVideo"アニメーションビデオのエンコード法
  • に使用できる設定はNoneである.
  • のメソッドオプション:
  • "BlockSize"32スクリーンビデオコーデックのブロックサイズパラメータ
  • "Blocksize"->n またははFlashフレーム間圧縮法のブロックサイズパラメータを設定する.ピクセル次元に使用できる値は, ()という形式でである.
  • 再生コントロール:
  • "AnimationDuration"AutomaticManipulateオブジェクトをエキスポートする際の秒でのアニメーションの長さ
    "ControlAppearance""Generic"Manipulateコントロール要素をエキスポートされたファイルにどのように描画するか
    "FrameRate"151秒あたりの表示されるフレーム数
    "RepeatAnimation"True無限にアニメーションをループするかどうか
    "Scalable"Falseアニメーションをブラウザのプラグインで再生するときにウィンドウに納まるようにスケールするかどうか
  • に使用できる設定:
  • Automaticローカルのコンピュータシステムのスタイル要素を使って,ノートブックに現れているとおりにユーザコントロールをキャプチャする
    "Generic"一般スタイルでグラフィカルコントロールを描画する
    Noneアニメーションをエキスポートするときはコントロール要素は除外する
  • デフォルトの設定でエキスポートされたアニメーションは,作成されたコンピュータシステムによらず,同じ外観となる.
  • "ControlAppearance"->Noneとすると,エキスポートされたアニメーションにはユーザコントロールは含まれない.
  • Export["file.swf",Manipulate[],"ControlAppearance"->Automatic]ManipulateオブジェクトをFlashアニメーションファイルにエキスポートし,ユーザコントロールはローカルのノートブックインターフェースと同じスタイルで描画する.
  • Wolfram言語のアニメーションからキャプチャされたコントロール要素は,アニメーションファイルの再生中には操作できない.
  • 追加の属性と設定:
  • "HTMLFile"NoneHTMLラッパーが書き出されるファイルの名前
    "ThumbnailFile"None最初のフレームの小さいプレビュー画像がエキスポートされるファイルの名前

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

画像の列をFlashにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

FlashにエキスポートするためのManipulateを作成する:

SWFにエキスポートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

ListAnimateオブジェクトをFlashにエキスポートすることができる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Manipulateの「開始」,「終了」,「戻る」というブックマーク設定の間のフレームを補間してFlashファイルを作成する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
2007年に導入
(6.0)