Sparse6 (.s6)

  • ImportExportはsparse6ファイル形式を完全にサポートする.

予備知識予備知識

    sparse6グラフデータ形式.
    無向グラフを保持するために使用される.
    ASCII形式.
    複数の無向グラフの結合性情報を保持する.
    大きな疎グラフに適しており,個までの頂点を保持する.
    小さなグラフや大きな密グラフ用に最適化されているgraph6に関連している.
    Brendan McKayによってAustralian National Universityで開発された.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.s6"]は指定されたファイル内に保持される,1つのGraphオブジェクトあるいはグラフのリストとして与えられるグラフをインポートする.
  • Export["file.s6",expr]は1つまたは複数のグラフの隣接行列あるいは辺情報をsparse6形式にエキスポートする.
  • Import["file.s6",elem]は指定された要素をsparse6ファイルからインポートする.
  • Import["file.s6",{elem,suba,subb,}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.s6",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポートの形式はImport["file","Sparse6"]あるいはImport["file",{"Sparse6",elem,}]で指定することができる.
  • Export["file.s6",expr,elem]expr が要素elem を指定するものとして扱って,sparse6ファイルを作成する.
  • Export["file.s6",{expr1,expr2,},{{elem1,elem2,}}]はそれぞれの が対応する を指定するものとして扱う.
  • Export["file.s6",expr,opt1->val1,]は指定されたオプションの要素が指定された値を取るものとして expr をエキスポートする.
  • Export["file.s6",{elem1->expr1,elem2->expr2,},"Rules"]は規則を使ってエキスポートされるべき要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはsparse6形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"それぞれの要素とオプションについての規則の完全リスト
    "Options"オプション,属性,設定についての規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "AdjacencyMatrix"このファイル内のすべてのグラフについての辺情報(行列のリストとして与えられる)
    "EdgeRules"すべてのグラフの連結性データ(規則の配列として与えられる)
    "Graph"Graphオブジェクトとして描画される,このファイルに保管されている最初のグラフ
    "Graphics"このファイル内に保持される最初のグラフ(グラフプロットとして描画される)
    "GraphicsList"グラフィックスオブジェクトのリストとして与えられる全グラフ
    "GraphList"Graphオブジェクトのリストで与えられる全グラフ
    "VertexCount"それぞれのグラフの頂点数(整数のリストとして与えられる)
    "VertexList"頂点を表す整数のリスト
  • Importは単純なsparse6ファイルにはを,複数のグラフのsparse6ファイルにはをデフォルトで使用する.
  • 複数のグラフを含むsparse6ファイルの要素指定:
  • elem,nこのファイル内の n 番目のグラフについてのデータ表示要素 elem
    elem,{n1,n2,}グラフ の要素elem
    elem,Allすべてのグラフの要素 elem (リストとして与えられる)
  • Import["file.s6","GraphList"]Graphオブジェクトとして描画される,ファイル中の全グラフのリストを与える.
  • Import["file.s6",{"GraphList",n}]はファイル中の n 番目のグラフのレンダリングを与える.
  • 要素を使ってsparse6ファイルをインポートする際には,可能な非連結の頂点について規則は何も返されない.
  • 非連結の頂点を含むグラフは 要素を使って,あるいはの組合せとして完全に指定することができる.

オプションオプション

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (5)  (5)

sparse6の例題ファイルをインポートして,視覚表示を返す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

上記例の隣接行列を読み取り,それをMatrixPlotとして描画する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Graphオブジェクトをsparse6形式にエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

グラフの隣接行列をsparse6形式でエキスポートする.

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

辺規則をエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2007年に導入
(6.0)
| 2010年に修正
(8.0)