String

Wolfram言語の文字列として表される任意のバイナリデータ.
生のバイナリデータすべてのインポート・エキスポートに使用される.
  • 形式指定にを使用すると,ImportExportは任意のファイルを通常の,あるいは特殊な文字の列として表すことができる.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file","String"]は,ファイルの各バイトをFromCharacterCode[byte]に対応する文字として,ファイルを生の文字列としてインポートする.
  • Export["file",str,"String"]はWolfram言語の文字列を任意のファイルにエキスポートする.エンコードされた文字が255より大きい場合は,エキスポートの前にASCII表現に変換される.
  • 明示的に形式を指定しなければならない.
  • ExportString[expr,"format"]Import[Export["tmp",expr,"format"],"String"]は同じ式を返す.
  • Import["file","String"]は,内容をWolfram言語の文字列オブジェクトとして表すバイナリファイルを読み込む.
  • Export["file",str,"String"]はWolfram言語の文字列をファイルにエキスポートする.
  • としてインポートあるいはエキスポートする場合は,文字エンコードの変換は行われない.
  • Export["file",expr,"String"]expr のテキスト表現をエキスポートする.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportString形式をサポートする.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

任意のバイナリファイルを読み込み,Wolfram言語の生の文字列として返す:

In[1]:=
Click for copyable input

結果の最初のバイトを示す.表示できない文字が含まれている:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

ファイル"ocelot.jpg"を表す文字列をグラフィックスに変換する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

バイナリデータをインポートし,MD5チェックサムを計算する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2004年に導入
(5.1)
| 2007年に修正
(6.0)