TIGER

  • ImportはTIGER/Lineファイル形式の全バージョンをサポートする.

予備知識予備知識

    TIGER/Line GISファイル形式.
    アメリカ合衆国国勢調査局ファイル形式
    地図製作情報とデータのアーカイブに使用される.
    数値・テキスト・幾何学データを保管する.
    TIGERはTopologically Integrated Geographic Encoding and Referencingの頭字語である.
    A TIGERバンドルはファイルアーカイブまたはディレクトリに組み合された複数のファイルから構成される.
    ASCII形式.

ImportとExportImportとExport

  • Import["dir","TIGER"]またはImport["dir"]はTIGERディレクトリ全体をインポートし,全グラフィックスレイヤーを組み合せて描画して返す.
  • Wolfram言語はディレクトリまたはファイルアーカイブバンドルからTIGERファイルを読むことができる.
  • Import["dir"]GeoGraphicsオブジェクトを返す.
  • Import["dir","elem"]はTIGERファイルから指定の要素をインポートする.
  • Import["dir",{{"elem1","elem2",}}]は複数の要素をインポートする.
  • Importについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"このファイルで利用可能な要素とオプションのリスト
    "Rules"各要素とオプションの規則の完全リスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Graphics"単一のグラフィックスオブジェクトにまとめられた全レイヤー
    "GraphicsList"TIGERアーカイブのレイヤーを表すグラフィックスのリスト
    "Data"各レイヤーのグラフィックスプリミティブ
  • ImportはデフォルトでTIGER形式に要素を使用する.
  • Import["file","Data"]という形式の式を返す.各レイヤーは,機能に関連付けられた数値,テキスト情報および形状を現す規則のリストとして与えられる.
  • メタ情報要素:
  • "LayerNames"文字列のリストとして与えられる全レイヤー名
    "LayerTypes"各レイヤーがどのようなグラフィックスプリミティブで構成されるか
    "SpatialRange"一般に10進の度で与えられる地理座標範囲
  • ファイルで使用されている測地系と準拠楕円体を表す要素:
  • "CoordinateSystem"ファイルで使用されている座標系の名前
    "Datum"測地系
    "SemimajorAxis"準拠楕円体の長半径(メートル)
    "SemiminorAxis"準拠楕円体の短半径(メートル)
    "InverseFlattening"楕円体の逆扁平率

オプションオプション

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

TIGERファイルをインポートして最初のレイヤーを描画する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

このファイルの緯度,経度の値の範囲:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

ファイルで使用されている測地系の名前:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

サンプルファイルで利用できる全レイヤー名:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

このファイルで利用できる全インポート要素を示す:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
2008年に導入
(7.0)