TLE (.tle,.tce)

  • ImportはTLS形式を完全にサポートする.

予備知識予備知識

    TLE地理空間ファイル形式.
    衛星データ形式.
    衛星軌道のケプラー(Keplerian)パラメータを保管する.
    TLEはTwo Line Elementの頭字語である.
    ASCII形式.
    北アメリカ航空宇宙防衛司令部ノーラッド(NORAD,North American Aerospace Defense Command) によって開発された.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.tle"]はTLEファイルをインポートし,全位置データを配列として返す.
  • Import["file.tle"]は異なる時間のいくつかの衛星の位置を表す三次元配列を返す.
  • Import["file.tle",elem]はTLEファイルから指定の要素をインポートする.
  • Import["file.tle",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file","TLE"]またはImport["file",{"TLE",elem,}]で指定できる.
  • Importについての全一般情報は関数ページを参照のこと.
  • ImportStringはTLE形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"このファイルで利用できる要素とオプションのリスト
    "Rules"各要素とオプションの全規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Data"配列として与えられる全データ要素
    "LabeledData"規則のリストとして与えられるデータ列
    "Labels"文字列のリストとしての列見出し
  • Importはデフォルトで要素を使用する.
  • Import["file.tle","id"]は指定の識別文字列の衛星について利用できる全データを,規則のリストとして与える.
  • Import["file.tle",n]はTLE記録 n について利用できる全データを規則のリストとして与える.
  • 詳細データを表す要素:
  • "ArgumentPeriapsis"地球への最接近の点の角度
    "AscendingNodeRightAscension"昇交点の赤経
    "BStar"大気抵抗パラメータ
    "Classification"分類識別子
    "Eccentricity"軌道の偏心
    "ElementNumber"軌道要素一式のリビジョン番号
    "EphemerisType"軌道パラメータを生成するのに使われるモデル
    "EpochDate"時間基準点
    "Inclination"軌道傾斜角の軌道角
    "InternationalDesignator"国際識別子(COSPARまたはNSSDCの名前)
    "LaunchYear"打ち上げられた日
    "MeanAnomaly"平均近点離角パラメータ
    "MeanMotion"1日あたりの公転数
    "MeanMotionChangeRate"平均運動の一次導関数(ndot2パラメータ)
    "Name"完全衛星名
    "RevolutionNumber"元期日までに終了した公転数
    "SatelliteID"NORAD衛星番号

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

TLEファイルから最初のデータ集合をインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

利用できる要素をリストする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

指定のSatellite識別コードのデータをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2010年に導入
(8.0)