TSV (.tsv)

  • ImportExportはTSV形式を完全にサポートし,種々のデータ変換と形式オプションを提供する.
  • ImportはCやFortranの表記法を含む一般的な数の形式を自動的に認識する.
  • 小数点のない数は整数としてインポートされる.

予備知識予備知識

    MIMEタイプ:text/tab-separated-values
    TSV表データ形式.
    フィールドの区切り文字としてタブを使用して,数値,テキスト情報の記録を行として保管する.
    TSVはTab-Separated Valuesの頭字語である.
    テキスト形式.
    CSVに類似する.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.tsv"]はTSVファイルをインポートし,リストのリストを返す.
  • Export["file.tsv",expr]は2次元配列をTSVファイルにエキスポートする.
  • Import["file.tsv"]は,ファイルに保管された行と列を表す文字列と数を含む2次元配列を返す.
  • Export["file.tsv",expr]は,数値でない表の要素のCFormを使って,配列expr からTSVファイルを作成する.
  • Wolfram言語はTSVにエキスポートする際,任意の式を自動的にリストのリストに変換する.
  • Import["file.tsv",elem]expr が要素elem を指定してるとしてTSVファイルを作成する.
  • Import["file.tsv",{elem,suba,subb,}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.tsv",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file","TSV"]またはImport["file",{"TSV",elem,}]で指定できる.
  • Export["file.tsv",expr, elem]expr が要素elem を指定してるとしてTSVファイルを作成する.
  • Export["file.tsv",{expr1,expr2,},{{elem1,elem2,}}]は各 が対応する を指定しているとして扱う.
  • Export["file.tsv",expr,opt1->val1,]は指定の値を持つ指定のオプション要素でexpr をエキスポートする.
  • Export["file.tsv",{elem1->expr1,elem2->expr2,},"Rules"]は規則を使ってエキスポートする要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはTSV形式をサポートする.

ノートブックインターフェースノートブックインターフェース

  • 選択範囲の形式保存はノートブックの選択した範囲をTSVファイルにエキスポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Data"TSVファイルの行と列を表す2次元配列
    "Grid"Gridオブジェクトとして表される表データ
  • ImportExportはデフォルトで要素を使用する.

オプションオプション

  • Exportの一般的なオプション:
  • AlignmentNone表の列にデータがどのように並んでいるか
    CharacterEncoding"UTF8"ファイルで使用される生の文字エンコード
  • Alignmentが取り得る設定はNoneLeftCenterRightである.
  • Importの一般的なオプション:
  • CharacterEncoding"ASCII"ファイルで使用される生の文字エンコード
  • ImportExportのオプション:
  • "EmptyField"""空のフィールドをどのように表現するか
    "TextDelimiters"Automatic数値でないフィールドの区切りに使われる文字列または文字列のリスト
  • デフォルトでは,Exportはタブ文字を含むテキストフィールドをダブルクォート文字で区切る.
  • を明示的に設定すると,Exportは実質的に区切り文字のリストを循環しながら,テキストフィールドを区切るのに指定の文字列トークンを使う.
  • とすると,TSVへのエキスポートの際に各テキストフィールドの周りにダブルクォートを挿入する.
  • とすると,Exportは各テキストフィールドをカッコで囲む.
  • テキストフィールドを区切るダブルクォート文字はデフォルトではインポートされない.
  • Importオプション:
  • "CurrencyTokens"{{"$", "£", "¥", "€"}, {"c", "¢", "p", "F"}}数値的な値をインポートする際に省略する通貨単位
    "DateStringFormat"NoneDateString指定で与えられる日付の書式
    "IgnoreEmptyLines"False空白行を無視するかどうか
    "Numeric"True可能な場合にデータフィールドを数としてインポートするかどうか
    "NumberPoint""."小数点に使用する文字列
    "NumberSigns"{"-","+"}正および負の数の符号に使われる文字列
    "HeaderLines"0ファイルの最初の省略する行数
  • Importオプションの指定に従ってフォーマットされた表の項目を,という形式のDateList表現に変換する.
  • "Numeric"->Falseとすると,文字列はファイルにある形式でインポートされる.
  • Importは一般的な行区切り文字をすべて自動的に認識する.
  • Exportオプション:
  • "TableHeadings"None表の行と列の見出し
  • は以下の値を取ることができる:
  • Noneラベルなし
    Automatic列と行に連続する整数ラベルを付ける
    {"col1","col2",}列ラベルのリスト
    {rhead, chead}行と列に別々のラベルを指定する
  • Exportは,Wolframシステムが実行されているコンピュータシステムに従って行区切り文字をエンコードする.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

TSVファイル全体をインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

前の出力をGridとしてフォーマットする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

最初の行を無視してファイルを読み込む:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

Wolfram言語はTSVにエキスポートするとき,自動的に式をリストのリストに変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
1999年に導入
(4.0)
| 2012年に修正
(9.0)