Table (.dat)

一般表データ.
表としてフォーマットされた数値・テキスト情報を保管する.
ユーザ定義のフィールド・レコード分離,フィールド区切り,通貨トークン,数値形式をサポートする.
テキスト形式.
  • ImportExportは表データを完全にサポートし,種々のデータ変換とフォーマットオプションを提供する.
  • ImportはCやFortran表記を含む一般的な数値形式を自動的に認識する.
  • 小数点を含まない数は整数としてインポートされる.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.dat"]は表データファイルをインポートし,リストのリストを返す.
  • Export["file.dat",expr]は2次元配列かGridをTableファイルにエキスポートする.
  • Import["file.dat"]は,ファイルに保管された行と列を表す,文字列と数の2次元配列を返す.
  • Export["file.dat",array]は各要素のCFormを使って,行と列としてarray をフォーマットする.
  • Wolfram言語は"Table"形式へのエキスポートの際,任意の式をリストのリストに自動的に変換する.
  • Import["file.dat",elem]はTableファイルから指定された要素をインポートする.
  • Import["file.dat",{elem,suba,subb,}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.dat",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file","Table"]またはImport["file",{"Table",elem,}]で指定できる.
  • Export["file.dat",expr, elem]expr が要素elem を指定してるとしてTableファイルを作成する.
  • Export["file.dat",{expr1,expr2,},{{elem1,elem2,}}]は各 が対応する を指定しているとして扱う.
  • Export["file.dat",expr,opt1->val1,]は指定の値を持つ指定のオプション要素でexpr をエキスポートする.
  • Export["file.dat",{elem1->expr1,elem2->expr2,},"Rules"]は規則を使ってエキスポートする要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはTable形式をサポートする.

ノートブックインターフェースノートブックインターフェース

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Data"行と列を表す2次元配列
    "Grid"Gridオブジェクトとして表される表データ
  • ImportExportはデフォルトで要素を使う.

オプションオプション

  • Exportの一般的なオプション:
  • AlignmentNone表の列内にデータをどのように整列させるか
    CharacterEncoding"UTF8"ファイルで使用される生の文字コード
  • Alignmentに使用できる設定は,NoneLeftCenterRightである.
  • Importの一般的なオプション:
  • CharacterEncoding"ASCII"ファイルで使用される生の文字コード
  • ImportExportのオプション:
  • "TextDelimiters"Automatic非数値フィールドを区切るのに使われる文字列または文字列のリスト
  • デフォルトではExportはフィールド区切りを含むテキストフィールドをダブルクォート文字で区切る.
  • を明示的に設定すると,Exportはテキストフィールドを区切るのに常に指定の文字列トークンを使用し,事実上は区切り文字のリストを巡回する.
  • とすると,Exportはテキストフィールドを<>で囲む.
  • テキストフィールドを区切るダブルクォート文字は,デフォルトではインポートされない.
  • Importオプション
  • "CurrencyTokens"{{"$", "£", "¥", "€"}, {"c", "¢", "p", "F"}}数値的な値をインポートする際に省略する通貨単位
    "DateStringFormat"NoneDateString指定で与えられる日付の書式
    "FieldSeparators"{" ","t"}列を区切る文字トークン
    "IgnoreEmptyLines"False空白行を無視するかどうか
    "LineSeparators"{"r\n","n","\r"}行を区切る文字トークン
    "Numeric"True可能な場合にデータフィールドを数としてインポートするかどうか
    "NumberPoint""."小数点文字列
    "NumberSigns"{"-","+"}正および負の数の符号に使われる文字列
    "RepeatedSeparators"Trueフィールド区切りを単一の区切り文字として解釈するかどうか
    "HeaderLines"0ファイルの最初の省略する行数
  • Importオプションの指定に従ってフォーマットされた表の項目を,という形式のDateObject表現に変換する.
  • 空白行や空白文字のみが含まれる行は,デフォルトでは空白のリストに変換される.Trueに設定すると,Importは空白行を省略する.
  • "Numeric"->Falseとすると,文字列はファイルにある形式でインポートされる.
  • のデフォルトの設定では,Importは行区切り文字のエンコードの一般的な慣習をすべて自動的に認識する.
  • Exportオプション:
  • "FieldSeparators""\t"列を区切るのに使われる文字列トークン
    "TableHeadings"None表の列と行の見出し
  • は以下の値に設定できる:
  • Noneラベルなし
    Automatic列と行に連続した整数ラベルを与える
    {"col1","col2",}列ラベルのリスト
    {rhead,chead}行と列の区切りラベルを指定する
  • ExportはWolfram言語が実行されているコンピュータシステムの慣習に従って行区切り文字をエンコードする.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (5)  (5)

乱数配列を表としてエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

グリッドとしてフォーマットされた表をエキスポートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

生成されたファイルをインポートする:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

ExportStringを使ってフォーマットされた配列を作成する:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

縦線をフィールド区切り文字に使用している表データファイルをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

日付形式が指定されているなら,Importは日付をWolfram言語のDateObject指定に変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

UTF-8エンコードの通貨トークンを含むテキストファイルを作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

このファイルをインポートするとき,通貨トークンは自動的に省略される:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

Wolfram言語はTable形式のエキスポートの際,自動的に式をリストのリストに変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
1999年に導入
(4.0)
| 2014年に修正
(10.0)