TeX (.tex)

  • ExportはAMS-LaTeXと互換性のあるファイルを作成する.
  • TeXドキュメントのインポートについての完全情報は,"LaTeX"ページを参照のこと.

予備知識予備知識

    MIMEタイプ:application/x-tex
    TeXタイプセッティングシステムでプログラミング言語.
    数学的または科学的な出版物やその他の専門文書のタイプセットによく使用される.
    プレーンテキスト形式.
    複数ページドキュメントのコンテンツやレイアウトを表現する.
    1977年以来Donald Knuthによって開発されている.

ImportとExportImportとExport

  • Export["file.tex",expr]ToBoxes から得られた任意のボックス式だけでなく,任意の式,NotebookあるいはCellオブジェクトもTeX形式にエキスポートする.
  • エキスポートされたTeXにはWolframシステム内に存在するドキュメント構造のほとんどを維持するマークアップ構成要素も含まれる.
  • Exportはただ単にTeX言語の断片を生成するのではなく,常に完全なAMS-LaTeXドキュメントを生成する.
  • TeXFormを使ってTeXバージョンのタイプセット式を作成することができる.
  • Export["file.tex",expr,elem]expr が要素elem を指定するものとして扱って,TeXファイルを作成する.
  • エキスポートの形式はコマンドExport["file",expr,"TeX"]を使って明示的に指定することができる.
  • Exportについての一般的な完全情報は関数ページを参照のこと.
  • ExportStringはTeX形式をサポートする.

ノートブックインターフェースノートブックインターフェース

  • ノートブックフロントエンドでは, 別名で保存 を使って使用中のノートブックをTeXファイルとしてエキスポートすることができる.
  • 選択範囲の形式保存 を使ってノートブックの選択された部分をTeXにエキスポートすることができる.

オプションオプション

  • 詳細なExportオプション:
  • "BoxRules"{}Wolfram言語のボックス式からTeX要素へのマッピングを指定する
    "ConversionRules"AutomaticWolframシステムセルスタイルからTeX要素へのマッピングを指定する
    "DocumentClass""article"どのLaTeXのドキュメントタイプを使用するか
    "MathOutput""TeX"タイプセット式のために使用する形式
    "UsePackages"Automatic\usepackage{}に含むパッケージのリスト
  • の典型的な設定には"article","report","letter"等が含まれる.
  • で可能な値:
  • "EPS"タイプセット式を EPSに変換する(別のファイルに保持される)
    "TeX"すべてのタイプセット式を埋め込まれたTeXマクロにフォーマットする

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (6)  (6)

任意の式をTeXにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

以下では,Cell式をTeXに変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Wolframシステムのスタイル要素をユーザ定義されたTeXマクロに変換する を指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

オプションを使って番号付き方程式を作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

タイプセット式をEPSに変換する.変換したものは別のファイルに保持される:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

オプションを使って,Wolfram言語のボックスがどのようにTeXに変換されるかをカスタマイズする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2004年に導入
(5.1)
| 2010年に修正
(8.0)