VCF (.vcf)

  • ImportはVCFのバージョン2.1と3.0を完全にサポートする.

予備知識予備知識

    MIMEタイプ:text/directory,text/x-vcard
    vCard個人データ形式.
    電子メールや個人情報管理アプリケーション内で,またモバイル機器上でよく使用される.
    電子名刺の標準形式.
    VCFはVersitcardからの頭字語である.
    名前,住所,その他の連絡先を保持する.
    複数の記録を含むことができる.
    プレーンテキスト形式.
    バージョン3.0はインターネット標準推薦RFC 2425と2426に記述されている.
    1995年にApple,AT&T,IBM,Siemensによって開発された.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.vcf"]はvCardを規則の配列としてインポートする.
  • Import["file.vcf"]はファイル内のそれぞれの記録とそれぞれのデータフィールドに規則の配列を返す.
  • Import["file.vcf",elem]は指定された要素をVCFファイルからインポートする.
  • Import["file.vcf",{elem,suba,subb,}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.vcf",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポートの形式はImport["file","VCF"]あるいはImport["file",{"VCF",elem,}]で指定することができる.
  • Importについての一般完全情報は関数ページを参照のこと.
  • ImportStringはVCF形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則の完全リスト
    "Options"オプション,属性,設定についての規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Data"表として配置された記録
    "Labels"要素で与えられた表の列に関連したラベル
    "Records"それぞれの記録についての規則
  • Import 要素をデフォルトで使用する.
  • Import["file.vcf"]はすべての記録を読み取り,それらを規則のリストとして返す.
  • それぞれのデータフィールドを選択する:
  • "NamePrefix"名前の敬称部分
    "NameFirst"ファーストネーム
    "NameMiddle"ミドルネームかその頭文字
    "NameLast"名字
    "Organization"組織名あるいは団体名
    "JobTitle"組織内における肩書あるいは地位
    "Email"電子メールアドレス
    "Phone"電話番号
    "Fax"ファックス番号
    "MobilePhone"携帯電話番号
    "BirthDate"誕生日(DateList指定として与えられる)
    "InstantMessaging"インスタントメッセージのアドレス
    "Address1"所在地住所
    "Address2"所在地住所の続き
    "POBox"私書箱の番号(文字列として与えられる)
    "City"都市名
    "ZIPCode"郵便番号
    "State"州名あるいはその省略形
    "Country"国名
  • Import["file.vcf","City"]はそれぞれの記録について都市名を文字列のリストとして返す.

オプションオプション

  • Importオプション:
  • "Attribute"Automaticどのような型の住所をインポートするかを指定する
    "EmptyField"Automatic不明情報をどのように表示するか
  • について可能な設定:
  • Allファイル内に保持されているすべての住所
    Automatic記録1つにつき1つの住所を選択する
    "Domestic"国内住所
    "Home"自宅の住所
    "International"国際住所
    "Postal"郵便の宛先
    "Shipping"送付先
    "Work"勤務先の住所
  • "EmptyField"->Automaticの設定を使うと,不明情報に対して何も規則が返されない.
2004年に導入
(5.1)
| 2007年に修正
(6.0)