WAV (.wav)

MIMEタイプ:audio/x-wav
Microsoft WAV音声形式.
Windowsでの音声の録音と処理やWeb上で,音声データの保管と交換に使われる.
バイナリファイル形式.
波形音声形式として知られる.
Microsoft RIFFビットストリーム形式の異種.
一般に,無圧縮のサンプリングされた音声をパルス符号化変調(PCM)データとして保管する.
いくつかの圧縮された音声のコーデックもサポートする.
任意のサンプリング周波数,チャネル数,ビット深度をサポートする.
1つのファイルで4GBまでの音声データを保管する.
  • ImportExportは一般にWAV形式に使われる音声コーデックをすべてサポートする.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.wav"]はWAVファイルをインポートし,サウンドオブジェクトを返す.
  • Export["file.wav",expr]はサウンドオブジェクトを16ビットWAVファイルにエキスポートする.
  • Import["file.wav"]Sound[SampledSoundList[data,r]]という形の式を与える.
  • Export["file.wav",expr]はサウンドオブジェクトexpr からWAVファイルを作成する.
  • Import["file.wav",elem]はWAVファイルから指定された要素をインポートする.
  • Import["file.wav",{elem,suba,subb,}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.wav",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file","WAV"]またはImport["file",{"WAV",elem,}]で指定できる.
  • Export["file.wav",expr,elem]expr が要素elem を指定しているとしてWAVファイルを作成する.
  • Export["file.wav",{expr1,expr2,},{{elem1,elem2,}}]は各 が対応する を指定しているとして扱う.
  • Export["file.wav",expr,opt1->val1,]は指定の値を持つ指定のオプション要素でexpr をエキスポートする.
  • Export["file.wav",{elem1->expr1,elem2->expr2,},"Rules"]は規則を使ってエキスポートする要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはWAV音声形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Data"実数のリストのリストとして与えられ,各部分リストが個々の音声チャンネルを表している生の音声サンプル
    "SampledSoundList"SampledSoundListとして与えられるWAVファイル
    "Sound"Soundオブジェクトで表されるWAVファイル
  • 要素はSampledSoundListの第1引数に対応する.
  • 複数のチャンネルは音声サンプルの配列として表される.
  • ImportExportはデフォルトでWAVファイルに 要素を使用する.
  • Importの高度なオプション:
  • "SampleRate"秒・チャンネルあたりの振幅サンプル数

オプションオプション

  • 一般的なオプション:
  • SampleRateAutomaticそれぞれのチャンネルにおける一秒あたりの音声サンプルの数
  • 詳細な属性と設定
  • "AudioChannels"Automaticファイル中の音声チャンネル数
    "AudioEncoding""Integer16"サンプルがどのように符号化されるか
  • WAVにエキスポートされる際にサンプルレートが指定されていない場合,エキスポートされたサウンドの中の最も高いサンプルレートが使用され,必要に応じてすべてのサウンドが再サンプリングされる.
  • チャンネル数が指定されていない場合,最も多い同時使用チャンネル数が採用され,必要であれば無音が挿入される.
  • がエキスポートされるチャンネル数よりも少ない値n に設定された場合,最初のn チャンネルだけがエキスポートされる.
  • WAV形式はPCM方式,ADPCM(適応型差動パルス符号化変調)方式,および他の音声符号化アルゴリズムをサポートする.
  • は以下の符号化方式のいずれにでも設定できる:
  • "UnsignedInteger8"符号なし8ビットPCM
    "Integer16"16ビットPCM
    "Integer24"24ビットPCM
    "Integer32"32ビットPCM
    "Real32"32ビットIEEE浮動小数点
    "Real64"64ビットIEEE浮動小数点
    "aLaw"a-Law 4ビットPCM (ITU-T G.711)
    "uLaw"μ-Law 4ビットPCM (ITU-T G.711)
    "IMA-ADPCM"IMA 4ビットADPCM
    "MS-ADPCM"Microsoft 4ビットADPCM
    "GSM610"GSM 6.10コーデック(ETSI 6.10標準)
  • 全てのコーデックが任意のサンプリングレートとチャンネル規格をサポートしている訳ではない.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

WAVファイルをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Playを使ってサンプリングされたサウンドを生成し,WAVにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
1999年に導入
(4.0)