WDX (.wdx)

Wolfram言語のWDXデータ形式.
Wolfram言語で式やデータを保持したり交換したりするために使用される.
WDXはWolfram Data Exchange(Wolframデータ交換)からの頭字語である.
バイナリ形式.
任意のWolfram言語式を連続したプラットフォーム非依存の形で保持する.
2007年にWolfram Researchによって開発された.
  • ImportExportはWDXファイル形式をサポートする.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.wdx"]はWolfram言語のパッケージ内で読み取り,その中にある式をそれぞれ評価して最後のものを返す.
  • Export["file.wdx",expr]は単一の式をWolfram言語のソースファイルへエキスポートする.
  • Import["file.wdx",elem]は指定された要素をWolfram言語のソースファイルからインポートする.
  • Import["file.wdx",{elem,suba,subb,}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.wdx",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポートの形式はImport["file","WDX"]あるいはImport["file",{"WDX",elem,}]で指定することができる.
  • Import["file.wdx"]Get["file.wdx"]に等しい.
  • Export["file.wdx",expr,elem]expr が要素elem を指定するものとして扱って,Wolfram言語のソースファイルを作成する.
  • Export["file.wdx",{expr1,expr2,},{{elem1,elem2,}}]はそれぞれの が対応する を指定するものとして扱う.
  • Export["file.wdx",expr,opt1->val1,] は指定されたオプションの要素が指定された値を取るものとしてexpr をエキスポートする.
  • Export["file.wdx",{elem1->expr1,elem2->expr2,},"Rules"] は規則を使ってエキスポートされるべき要素を指定する.
  • Put[expr1,expr2,,"file.wdx"] は複数の式をエキスポートするのに使える.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはWDX形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則の完全リスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Expression"ファイル内に保持された式を読み取り評価する
  • Importはデフォルトで要素をWolfram言語のWDXファイルに使用する.
  • メタ情報要素:
  • "Version"ファイル形式バージョン番号

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

以下では任意の式をWDX形式の文字列に変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

以下ではそのWDX文字列を式に変換しなおす:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
2007年に導入
(6.0)