XBM (.xbm)

  • ImportExportは完全にXBM形式をサポートする.

予備知識予備知識

    MIMEタイプ:image/x-xbitmap
    X Windowビットマップ形式.
    アイコン,カーソル,その他のグラフィックスリソースを保持するためのX11ウィンドウシステムで使用される.
    ASCII形式.
    C言語のソースコードとしてモノクロビットマップを保持する.
    XBMは,X BitMapからの頭字語である.
    1980年代にMITで開発された.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.xbm"]はXBMファイルをインポートしてImageオブジェクトを返す.
  • Import["file.xbm",elem]は指定された要素をXBMファイルからインポートする.
  • インポートの形式はImport["file","XBM"]またはImport["file",{"XBM",elem,}]で指定することができる.
  • Export["file.xbm",expr]はグラフィックスあるいはその他の画像としての式をXBMでエキスポートする.
  • Wolfram言語のグラフィックスまたは任意の式をエキスポートすると,結果の画像はその表示形式と同じラスタサイズとなる.
  • XBMはラスタ画像形式なので,エキスポートの際にすべてのフォントはラスタライズされる.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportString はXBM形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements" ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則の完全リスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Data"色の値の配列
    "Graphics"画像を表すGraphicsオブジェクト
    "Image"Imageオブジェクトとして表されるラスタ画像
  • ImportExportはデフォルトで"Image"要素をXBMファイルに使用する.
  • 詳細なImport 要素:
  • "BitDepth"ファイルの各カラーチャンネルを表すのに使用されるビット数
    "Channels"ファイルで使用されるカラーチャンネルの数
    "ColorSpace"ファイルで使用される色符号化
    "ImageSize"ラスタ次元
    "Summary"ファイルの概要

オプションオプション

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

XBMファイルをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

画像の概要:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

画像をXBMにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
1999年に導入
(4.0)
| 2016年に修正
(11.0)