XBM (.xbm)

  • ImportExportは完全にXBM形式をサポートする.

予備知識予備知識

    MIMEタイプ:image/x-xbitmap
    X Windowビットマップ形式.
    アイコン,カーソル,その他のグラフィックスリソースを保持するためのX11ウィンドウシステムで使用される.
    ASCII形式.
    C言語のソースコードとしてモノクロビットマップを保持する.
    XBMは,X BitMapからの頭字語である.
    1980年代にMITで開発された.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.xbm"]はXBMファイルをインポートしてImageオブジェクトを返す.
  • Export["file.xbm",expr] はグラフィックスあるいはその他の画像としての式をXBMでエキスポートする.
  • Export["file.xbm",expr]はXBM画像を の表示形と同じ画像サイズで作成する.
  • XBMはラスタ画像形式なので,エキスポートの際にすべてのフォントはラスタライズされる.
  • Import["file.xbm",elem]は指定された要素をXBMファイルからインポートする.
  • Import["file.xbm",{elem,suba,subb,}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.xbm",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポートの形式はImport["file","XBM"]あるいはImport["file",{"XBM",elem,}]で指定することができる.
  • Export["file.xbm",expr,elem]expr が要素elem を指定するものとして扱って,XBMファイルを作成する.
  • Export["file.xbm",{expr1,expr2,},{{elem1,elem2,}}] はそれぞれの が対応する を指定しているものとして扱う.
  • Export["file.xbm",expr,opt1->val1,]は指定されたオプションの要素が指定された値を取るものとしてexpr をエキスポートする.
  • Export["file.xbm",{elem1->expr1,elem2->expr2,},"Rules"]は規則を使ってエキスポートされるべき要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportString はXBM形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements" ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則の完全リスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Data"色の値の配列
    "Graphics"画像を表すGraphicsオブジェクト
    "GrayLevels"正規化されたグレーレベルの値の配列
    "Image"Imageオブジェクトとして表されるラスタ画像
    "RGBColorArray"RGBColorオブジェクトの配列
  • ImportExportはデフォルトで要素をXBMファイルに使用する.
  • 詳細なImport 要素:
  • "BitDepth"ファイル内のそれぞれの色チャネルを表示するのに使われるビット
    "ColorSpace"ファイル内で使われるカラー符号化
    "ImageSize"ラスタ次元

オプションオプション

  • 一般的なオプション:
  • ImageSizeAutomatic画像の全体的な大きさ
    "DataType"Automatic画素要素を保管するためのデータ型

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

ここではXBMの例題ファイルをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

3つのメタデータ要素をインポートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

としてインポートすると,もとのファイル全体を文字列として返す:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
1999年に導入
(4.0)
| 2008年に修正
(7.0)