XHTML (.html,.htm,.xhtml,.xht,.xml)

  • ImportはXHTMLのバージョン1.0と1.1を完全にサポートする.
  • ExportはXHTML 1.1に適合するドキュメントを生成する.

予備知識予備知識

    登録MIMEタイプ:application/xhtml+xml
    XHTMLのマークアップ言語とファイル形式.
    HTMLのXMLに基づく組成変更.
    XHTMLは,Extensible Hypertext Markup Language(拡張可能ハイパーテキストマークアップ言語)からの頭字語である.
    プレーンテキストXML形式.
    Webページの構造と外観を表す.
    HTMLを後継する形式である.
    W3C推薦として2001年に出版された.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.xhtml"]はXHTMLファイルのプレーンテキスト表示を返す.
  • Import["file.xhtml","Data"]はXHTMLから表形式データを抽出する.
  • Export["file.xhtml",expr]はXHTMLバージョンのexpr を作成する.
  • Export["dir",expr]expr をXHTMLに変換し,出力を指定されたディレクトリに保存する.
  • Import["file.xhtml"]は文字列を返し,ファイルのテキストコンテンツをフォーマットされたプレーンテキストとして表示する.
  • Export["file.xhtml",expr] はノートブック,セル,セルのリスト,あるいはその他のノートブック要素を XHTMLでエキスポートする.
  • Export はただ単にXHTMLの断片を作成するのではなく,常に完全なXHTML ドキュメントを作成する.
  • 出力は1つかそれ以上のXHTMLファイルと2つのディレクトリ(HTMLFilesとHTMLLinks)から成る.
  • Wolfram言語はXHTMLでエキスポートする場合に,デフォルトでタイプセット式をGIF画像に変換する.
  • Wolfram言語はTooltipHyperlink式をエキスポートすることができ,必要な場合にはHTML画像マップを作成する.
  • Import["file.xhtml",elem]は指定された要素をXHTMLファイルからインポートする.
  • Import["file.xhtml",{elem,suba,subb,}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.xhtml",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポートの形式はImport["file","XHTML"]あるいはImport["file",{"XHTML",elem,}]で指定することができる.
  • Export["file.xhtml",expr, elem]expr が要素elem を指定するものとして扱って,XHTMLファイルを作成する.
  • Export["file.xhtml",{expr1,expr2,},{{elem1,elem2,}}] は,それぞれの が対応する を指定しているものとして扱う.
  • Export["file.xhtml",expr,opt1->val1,] は指定されたオプションの要素が指定された値を取るものとしてexpr をエキスポートする.
  • Export["file.xhtml",{elem1->expr1,elem2->expr2,},"Rules"] は規則を使ってエキスポートされるべき要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはXHTML形式をサポートする.

ノートブックインターフェースノートブックインターフェース

  • 選択範囲の形式保存はノートブックの選択された部分をWebページとしてエキスポートする.
  • 別名で保存はノートブック全体をWebページとしてエキスポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則の完全リスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • Import要素:
  • "Data"HTMLの表とリストの要素からのテキストと数字のコンテンツ
    "FullData"空のHTMLテーブルとリスト要素を含めた完全な表形式の内容
    "Hyperlinks"文字列のリストとして与えられるハイパーリンク
    "Plaintext"テキストとしてフォーマットされたXHTMLドキュメント
    "Images"XHTMLドキュメントに埋め込まれた画像
    "Source"単一の文字列としての未加工のXHTMLソース
    "Title"HTMLページタイトル
    "ImageLinks"埋め込まれた画像のURL
    "XMLObject"ドキュメント全体の記号的なXML表示
  • Importはデフォルトで要素を使う.
  • Export要素:
  • "Notebook"Notebook
    "NotebookObject"NotebookObject
    "Expression"任意の Mathematica

オプションオプション

  • 基本的なExportオプション:
  • "ConvertLinkedNotebooks"FalseリンクされたノートブックをHTMLに変換するかどうか
    "CSS"AutomaticどのCSSスタイルシートを使用したり,リンクさせたりするか
    "MathOutput""GIF"タイプセット式の表示方法
    "Content"FalseMathMLのコンテンツ要素をエキスポートするかどうか
  • で使用可能な設定:
  • AutomaticCSSスタイルシートを Mathematica スタイルシートから作成する
    NoneスタイルシートファイルやインラインCSSスタイルを作成しない
    "file.css"スタイルシートファイルを使用する
  • では以下の設定を返すことができる:
  • "GIF"すべてのタイプセット式をGIFに変換する
    "MathML"すべてのタイプセット式をMathMLに変換する
    "DisplayForm"すべてのタイプセット式をその外観のASCII近似に変換する
    "InputForm"すべてのタイプセット式をそのInputFormに変換する
  • サポートされるImportExportのオプションに関する完全情報は"HTML"形式ページを参照のこと.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

XHTMLファイルをプレーンテキストとして読み取る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

このファイルで使用可能なImport要素を示す:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

このファイルから表形式のコンテンツをインポートする:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]//TableForm=

以下では数式をHTMLでエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

HTMLFilesディレクトリに保存されているファイルの名前を示す:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

ラスタライズされたタイプセット式をインポートする:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
1999年に導入
(4.0)
| 2008年に修正
(7.0)