"InsertObject"

このトークンはWolfram言語に完全には統合されていない.変更される可能性がある.


オブジェクトの挿入ダイアログを開くフロントエンドトークン.

詳細詳細

  • は,挿入 オブジェクトと同等である(Windowsのみ).
  • オブジェクトの挿入ダイアログを使うと,現行のノートブックにビットマップ画像,スプレッドシート,文書ファイルなどの埋込みオブジェクトを挿入することができる.
  • 一般的な使用法は,FrontEndExecute[FrontEndToken["InsertObject"]]である.