"Paste"

このトークンはWolfram言語に完全には統合されていない.変更される可能性がある.


クリップボードの現在の内容を,挿入位置にペーストするフロントエンドトークン.

詳細詳細

  • 編集 ペーストと同等である.
  • クリップボードの情報は,新しい選択事項がコピーまたはカットされるまで存在します.このため,同じ内容を繰り返しペーストすることができます.
  • 一般的な使用法はFrontEndExecute[FrontEndToken["Paste"]]である.