"SelectionConvert"

このトークンはWolfram言語に完全には統合されていない.変更される可能性がある.


選択されたセルを新しい形式に変換するフロントエンドトークン.

詳細詳細

  • セル 形式変換のセル変換オプションと同等である.
  • には,以下の値のいずれか1つを取ることのできるパラメータがある.
  • "InputForm"Wolfram言語入力形式
    "RawInputForm"未加工のWolfram言語入力形式
    "OutputForm"Wolfram言語出力形式
    "StandardForm"テキストの選択範囲に対して StandardForm のインラインセル
    "TraditionalForm"テキストの選択範囲に対して TraditionalForm のインラインセル
    "PostScript"PostScript形式
    "Bitmap"プラットフォーム非依存のビットマップ形式
    "Metafile"Windowsメタファイル形式(Windowsのみ)
    "PDF"選択したセルをPDF形式に変換する(OS Xのみ)
    "QuickTime"選択したグラフィックスセルをQuickTime形式に変換する (OS Xのみ)
  • 一般的な使用法は,FrontEndExecute[{FrontEndToken[FrontEnd`SelectedNotebook[],"SelectionConvert",である.