"Subscript"

このトークンはMathematica システムに完全に統合されていません.変更される可能性があります.

"Subscript"
SubscriptBoxを生成し,選択範囲をベースとするフロントエンドトークン.

詳細詳細

  • "Subscript"挿入 タイプセット 下付き文字と同等である.
  • 選択範囲が挿入点である場合,"Subscript"はその左側の部分式をベースとする.
  • 一般的な使用法はFrontEndExecute[FrontEndToken["Subscript"]]である.