"TemplateSelection"

このトークンはWolfram言語に完全には統合されていない.変更される可能性がある.


挿入点の右側に関数のテンプレートを挿入するフロントエンドトークン.

詳細詳細

  • 編集 テンプレートの作成と同等である.
  • 関数名を部分的に入力した後でを使うと,Wolframシステムは挿入位置の左側を参照して適した関数名や変数名を探す.この名前が定義された関数ではない場合,テンプレートを作成する前にが適用される.
  • 一般的な使用法は,FrontEndExecute[FrontEndToken["TemplateSelection"]]である.