WOLFRAM言語チュートリアル

リストや他の式への関数適用

のような式において,リストを関数の引数として与える.場合によっては,関数をリスト全体ではなく,リストの各要素に直接適用させたい.そのようなときWolfram言語では,Applyを使う.

Applyを使いリストの各要素を関数 の引数にする.
In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
こうするとTimes[a,b,c]が得られ,リストの要素の積を計算することができる.
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
これは,組込み関数のGeometricMeanのように動作する,Applyを使って書いた関数の定義である.
In[3]:=
Click for copyable input
Apply[f,{a,b,}]リストの要素に関数 f を適用し,を計算する
Apply[f,expr] または f@@expr関数 f を式のトップレベルに適用する
Apply[f,expr,{1}] または f@@@expr関数 f を式の第1レベルに適用する
Apply[f,expr,lev]関数 f を式の指定されたレベルに適用する

リストや式のレベル別関数適用

Applyを使うと,通常,式の頭部が指定された関数に置き換えられる.この例ではPlusListに置換される.
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
行列を入力する.
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
特にレベルは指定していないので,トップレベルに当たるリストが に置換される.
In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=
レベル1の の部分にだけ を適用させる.
In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=
レベル0から1に を適用させる.
In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]=