基本的なプロット

Plot[f,{x,xmin,xmax}] から までの x の関数として f をプロットする
Plot[{f1,f2,},{x,xmin,xmax}]いくつかの関数を一緒にプロットする

基本的なプロット関数

の関数のグラフを0 〜 の区間でプロットする.
In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
特異点を持つ関数をプロットすることもできる.適切なスケールが自動的に選択され軸の範囲が決定される.
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
Exclusionsを使うと,プロットから特異点を省くことができる.
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
プロットする関数のリストを与えることもできる.それぞれの関数に,自動的に異なる色が使われる.
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
微分方程式の数値解を求めておく.解法に関しては「微分方程式の数値解法」を参照のこと.
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
解のプロットである.
In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=