WOLFRAM言語チュートリアル

オブジェクトの集合を作る

「リストの作成」において,複数の数をまとめて扱うための一方法としてのリストの使い方に触れた.このチュートリアルでは,リストの違った使い方をいろいろ見ていく.Wolfram言語の数あるオブジェクトの中でも最も適用範囲が広く,かつ,機能的に強力なオブジェクトはリストであることが理解できると思う.そして,Wolfram言語のリストが,数学やコンピュータサイエンスにおけるいくつかの基本的な考え方を一般化したものであることも見えてくるだろう.

リストの基本的な機能は,種類によらず複数の式をまとめるための1つの方法を提供することである.

これは数値のリストである.
In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
数式のリストを生成する.
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
リストを微分することもできる.
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
を代入した値を求めることもできる.
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

Wolfram言語に組み込まれているほとんどの数学関数は,リストの各要素に別々に作用することができるように設定されている.ただし,このことは関数によっては当てはまらないときがある.ユーザ定義の関数 は,それに対して特別な設定がなされない限り,リスト全体にしか作用しない.ユーザ定義の関数をリストの各要素にも適用可能にするには,「リストや式への関数の部分的適用」「構造操作」で説明するMapThreadを使う必要がある.