ギリシャ文字の入力

α をクリック特殊文字パレットのボタン操作
\[Alpha]完全名を入力する
EscaEsc または EscalphaEsc標準的なエイリアスを使う(以下ではEscaEscとして表す)
Esc\alphaEscTeXエイリアスを使う
EscαEscHTMLエイリアスを使う

ノートブックにおけるギリシャ文字の入力法(注: の入力を例とした.入力はすべて半角文字)

標準的なギリシャ文字を入力するためのパレットを示す.

3.gif

キーボードでタイプすることで得られる普通のローマ字のように,ギリシャ文字を使うこともできる.
In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
いくつかの方法でギリシャ文字を入力することができる.ここでは,完全名を記述することで入力を行った.
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
完全名
エイリアス
α\[Alpha]EscaEsc, EscalphaEsc
β\[Beta]EscbEsc, EscbetaEsc
γ\[Gamma]EscgEsc, EscgammaEsc
δ\[Delta]EscdEsc, EscdeltaEsc
ϵ\[Epsilon]EsceEsc, EscepsilonEsc
ζ\[Zeta]EsczEsc, EsczetaEsc
η\[Eta]EschEsc, EscetEsc, EscetaEsc
θ\[Theta]EscqEsc, EscthEsc, EscthetaEsc
κ\[Kappa]EsckEsc, EsckappaEsc
λ\[Lambda]EsclEsc, EsclambdaEsc
μ\[Mu]EscmEsc, EscmuEsc
ν\[Nu]EscnEsc, EscnuEsc
ξ\[Xi]EscxEsc, EscxiEsc
π\[Pi]EscpEsc, EscpiEsc
ρ\[Rho]EscrEsc, EscrhoEsc
σ\[Sigma]EscsEsc, EscsigmaEsc
τ\[Tau]EsctEsc, EsctauEsc
ϕ\[Phi]EscfEsc, EscphEsc, EscphiEsc
φ\[CurlyPhi]EscjEsc, EsccphEsc, EsccphiEsc
χ\[Chi]EsccEsc, EscchEsc, EscchiEsc
ψ\[Psi]EscyEsc, EscpsEsc, EscpsiEsc
ω\[Omega]EscoEsc, EscwEsc, EscomegaEsc
完全名
エイリアス
Γ\[CapitalGamma]EscGEsc, EscGammaEsc
Δ\[CapitalDelta]EscDEsc, EscDeltaEsc
Θ\[CapitalTheta]EscQEsc, EscThEsc, EscThetaEsc
Λ\[CapitalLambda]EscLEsc, EscLambdaEsc
Π\[CapitalPi]EscPEsc, EscPiEsc
Σ\[CapitalSigma]EscSEsc, EscSigmaEsc
Υ\[CapitalUpsilon]EscUEsc, EscUpsilonEsc
Φ\[CapitalPhi]EscFEsc, EscPhEsc, EscPhiEsc
Χ\[CapitalChi]EscCEsc, EscChEsc, EscChiEsc
Ψ\[CapitalPsi]EscYEsc, EscPsEsc, EscPsiEsc
Ω\[CapitalOmega]EscOEsc, EscWEsc, EscOmegaEsc

一般的なギリシャ文字の完全名とエイリアス.TeX形式のエイリアスは掲載していない

は,Pi(円周率)を意味する.他のギリシャ文字は,特別な数学的意味を持たない.

Pi(円周率)として解釈される.
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
ギリシャ文字だけを使ってもよいし,また他の文字と組み合せて使ってもよい.
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
この例のように が文字列の一部として使われているときは,円周率 としての意味は持たない.
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=