ファイルとストリーム

ファイル名

name.mWolfram言語で記述されたソースファイル
name.nbWolframシステムノートブック形式の文書ファイル
name.maバージョン3より前のWolframシステムノートブック形式の文書 ファイル
name.mxWolfram言語の式のバイナリダンプ
name.exeWSTPの実行可能ファイル
name.tmWSTPテンプレートファイル
name.mlWSTP形式のストリームファイル

ファイル形式と拡張子の対応

Wolframシステムで使用されるほとんどのファイルはシステムに依存しない.しかしながら,.mxと.exeファイルはシステムに依存する.そのようなファイルでは,異なるシステム間の区別をするためにname/$SystemID/name のような形式でバージョン情報を表す慣例になっている.

一般にファイルの参照を行うときには,Wolframシステムは次のようにしてファイル名を解読する.

  • ファイル名がで始まる場合,Wolframシステムは名前の残りの部分を外部コマンドとして扱い,このコマンドへのパイプを使用する.
  • ファイル名がで始まる場合,WolframシステムはWebサーバからファイルを読み込むURLとして扱う.
  • 登録されているストリームメソッドがその名前を扱う場合,名前を使ってストリームが開かれる.
  • 名前にオペレーティングシステムで有効なメタ文字が使われている場合,直接オペレーティングシステムに名前を渡し,オペレーティングシステムに解釈させる.
  • 指定されるファイルが入力に使われるのでない限り,これ以上の名前の処理は行わない.
  • オペレーティングシステムで有効な絶対指定のファイル名でない限り,リスト$Pathに指定される各ディレクトリ内を検索する.
  • 検索で発見されたのがファイルでなくディレクトリである場合,name/$SystemID/name というファイルを探す.

の形式のファイル名については,Getや関連の関数においては,さらに次のような解釈がなされる.

  • name.mxというファイルがあれば,それを使う.
  • もし name.mx がディレクトリなら,name.mx/$SystemID/name.mxが(存在するならば)使われる.
  • name.mというファイルがあれば,それを使う.
  • もし name がディレクトリだった場合,が(存在するならば)使われる.

Install関数は に対して name.exeという名前のファイルやディレクトリを参照する.

ストリーム

InputStream["name",n]ファイルやパイプからの入力
OutputStream["name",n]ファイルやパイプへの出力

入出力ストリーム

オプション
デフォルト値
CharacterEncodingAutomatic特殊文字に用いるエンコーディングの指定
BinaryFormatFalseファイルをバイナリ形式として扱うか扱わないかを指定
FormatTypeInputForm式の表示に使うデフォルトの表記法
PageWidth78行当りの文字数
TotalWidthInfinity式あたりの最大文字数

出力ストリームのオプション

Optionsを使いストリームのオプションを調べることができる.オプションの設定をリセットするにはSetOptionsを使う.