データのインポートとエキスポート

Import["file","Table"]ファイルからデータの表をインポート
Export["file",list,"Table"]リスト list をデータの表としてファイルにエキスポート

表形式のデータのインポートおよびエキスポート

数値からなる配列をファイルにエキスポートする.
In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
ファイルの内容である.
の内容をデータの表としてインポートする.
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

Import["file","Table"]は多くの種類のテーブル型のデータのインポートに使われる.その際,可能な限りデータファイルの書式を自動的に解釈して処理する.Export["file",list,"Table"]はデータをタブで区切って出力し,数字はのようにCやFortranで使われる形式で表現する.

Import["name.ext"]ファイル名から推測される形式を仮定してのデータのインポート
Export["name.ext",expr]ファイル名から推測される形式を仮定してのデータのエキスポート

一般データのインポートおよびエキスポート

表形式"CSV""TSV""XLS"
行列形式"HarwellBoeing""MAT""MTX"
特別データ形式"DIF""FITS""HDF5""MPS""SDTS"

表データのための一般的なフォーマット例

ImportおよびExportは表形式データだけでなく,グラフィックス,サウンド,数式および文書全体に対応するデータも扱うことができる.ImportおよびExportはしばしば,データが保存されているファイル名の拡張子を参照して適正な形式を推測できる.「グラフィックスとサウンドのエキスポート」および「ファイルのインポートとエキスポート」ImportおよびExportがどのように働くかの詳細が記載されている.ImportおよびExportはバイナリデータの生ファイルも使うことができる.

JPEG形式のグラフィックスをインポートする.
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
$ImportFormatsシステムでサポートされているインポート可能形式
$ExportFormatsシステムでサポートされているエキスポート可能形式

サポートされているインポートおよびエキスポートの完全なリストを表示