最新の Mathematica には,このチュートリアルに関連する新機能が追加されている.最新情報は行列と線形代数を参照のこと.

Mathematica における線形代数:参考文献

ソフトウェアの参考文献

ARPACK

ARPACKはFortran77のサブルーチン集で,大規模固有値問題の解法用に設計されている.
http://www.caam.rice.edu/software/ARPACK

ATLAS

ATLAS (Automatically Tuned Linear Algebra Software)はCとFortran77のインターフェースをポータブルで効率的なBLASの実装に利用できるようにしたプロジェクトである.LAPACKのルーチンもいくつかある.
http://math-atlas.sourceforge.net

HarwellBoeing

HarwellBoeing行列形式は,よく使われる疎行列データの保管・表記形式で,以下に記述されている.
http://math.nist.gov/MatrixMarket/formats.html
この形式の行列の例がhttp://math.nist.gov/MatrixMarket/index.htmlにたくさんある.

Matrix Market

Matrix Market行列形式は,疎行列と密行列のデータ交換を容易に行うための簡単なメカニズムで以下に記述されている.
http://math.nist.gov/MatrixMarket/formats.html
この形式の行列の例がhttp://math.nist.gov/MatrixMarket/index.htmlにたくさんある.

METIS

METISは構造化していないグラフ,超グラフを区分し,疎行列のフィルレデューシング オーダリングを計算するプログラム群である.
http://www-users.cs.umn.edu/~karypis/metis/index.html

TAUCS

TAUCSは疎線形ソルバのライブラリである.
http://www.tau.ac.il/~stoledo/taucs

UMFPACK

UMFPACKは非対称疎線形系 を非対称マルチフロンタル法を使って解くルーチン一式である.
http://www.cise.ufl.edu/research/sparse/umfpack

その他の参考文献

[1] Weisstein, E. W. MathWorld 2007. http://mathworld.wolfram.com

[2] Anderson, E., Z. Bai, C. Bischof, S. Blackford, J. Demmel, J. Dongarra, J. Du Croz, A. Greenbaum, S. Hammarling, A. McKenney, and D. Sorensen. LAPACK Users' Guide, 3rd ed. Society for Industrial and Applied Mathematics, 1999.

[3] Golub, G. H. and C. F. van Loan. Matrix Computations, 3rd ed. The Johns Hopkins University Press, 1996.

[4] Meyer, C. D. Matrix Analysis and Applied Linear Algebra, 1st ed. The Society for Industrial and Applied Mathematics, 2000.