WOLFRAM言語チュートリアル

リストの作成

計算を進めていく上で,複数のオブジェクトを1つにまとめて扱えると便利になる.複数のオブジェクトをまとめたものをリストと呼ぶ.後で説明するが,リストはWolfram言語の一般的な構造であり非常に重要なものである.

リストの簡単な例として,がある.これは3つの数から構成されるリストである.リストにすることで3つのオブジェクトを一括で扱えるようになる.つまり,すべての要素について同じ計算をしたり,まとめて一変数としても扱えるようになる.

3つの数の要素からなるリストを作る.
In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
各要素を二乗した後,それぞれに を加える.
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
2つのリストで対応する要素同士の差を取る.リストの長さ(要素の個数)は同じでなければならない.
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
は,リストの全要素を引用する.
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
リストは1つの引数として扱われる.「数学関数」の数学関数はどれでも同様に使える.
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

変数に数値を割り当てられるように,変数にリストを割り当てることもできる.

リストを に割り当てる.
In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=
は,現れるたびにリストに置き換えられる.
In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=