WOLFRAM言語チュートリアル

記号代数的な積分操作

Wolfram言語が積分できない場合,積分は記号式のままに置いておかれる.この積分記号のままの式は引き続き変形操作等を施すことが可能である.

Wolfram言語では積分できない.積分のまま残される.
In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
積分記号のままの式を微分するともとの被積分関数が求まる.
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
明示的な式では求まらない定積分を見てみる.
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
求めた定積分から導関数を求める.
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
この定積分の積分範囲はに明示的に従属していない.
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
について偏微分を取る.答は0になる.
In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=
それでも,自明でない全微分が存在する.
In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=