WOLFRAM言語チュートリアル

スカラー,ベクトルおよび行列に対する演算

Wolfram言語における数学関数のほとんどはリストの要素に個別に機能するように設定される.特に属性がListableとして与えられているものは,必ずリスト対応可能に設定される.

このためほとんどの数学関数は行列やベクトルの要素ごとに個別に機能する.

Logはベクトルの要素にそれぞれ個別に適用される.
In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
行列についても同じことが言える.このことはネストしているすべてのリストについて当てはまる.
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
微分関数Dもまたリストの各要素に個別に適用される.
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
ベクトルの和は要素ごとに行われる.
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
次元の異なるベクトルの和を求めようとするとエラーになる.
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
スカラーをベクトルの各要素に加える.
In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=
リストとしてとらえられないオブジェクトは,すべてスカラーとみなされる.ここでは,がスカラーとみなされベクトルの各要素に独立して加えられる.
In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=
この場合,スカラーがベクトルの各要素に掛け合される.
In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]=

演算が終了した時点で,Wolfram言語は与えられたオブジェクトが明確なリスト形式であるもののみをベクトルとして扱う.この際,Wolfram言語はリストでないものをスカラーとみなす.すなわち,特定の演算の前後に特定の量をリストとして設定すると異なる結果となってしまう.

オブジェクトはスカラーとして扱われる.したがって,ベクトルの各要素にそれぞれ加算される.
In[9]:=
Click for copyable input
Out[9]=
一方,をリストとして置換すると右のようになる.
In[10]:=
Click for copyable input
Out[10]=
一方,演算の前にをリストで置換しておくとまた違った結果になる.
In[11]:=
Click for copyable input
Out[11]=