WOLFRAM言語チュートリアル

多者択一型のパターン

patt1|patt2|複数のパターン形式から構成される多者択一型のパターン

多者択一パターンの指定

関数を,その引数がまたはのときだけにを返す関数として定義する.
In[1]:=
Click for copyable input
最初の2つだけがを返す.
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
変換規則にも択一選択の条件を使うことができる.
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
もうひとつ例を挙げる.今度は,選択肢の1つがパターンであることに注目.
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

択一選択型のパターンを構築するときは,すべてのパターン候補に対して同じ名前を使うようにする.のようなパターンが式にマッチするとき,オブジェクトに対応する確定した式が必ずある.これに対して,のようなパターンでマッチさせようとすると,またはに対応する確定した式はあるが,対応しないものはSequence[ ]となる.

ここで,は,のどちらかの頭部を表す名前として使われている.
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=