プロットの再描画と組合せ

一度プロットしたなら,いつでもそれを再表示できるようにプロット操作に関する情報がWolfram言語内部に保存される.このため,プロットを再表示するときは,必要なオプションだけを変更すればよい.

Show[plot,option->value]オプションを変更してプロットを再描画する
Show[plot1,plot2,]複数のプロットを重ねて表示する
GraphicsGrid[{{plot1,plot2,},}]プロットの配列を表示する
InputForm[plot]内在するプロットについてのテキスト記述を参照する

プロットの操作に使う関数

簡単なプロットである.
In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
プロットの再描画を行う際にいくつかオプションの設定を変更してもよい.この例では, 軸の範囲を変更した.
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
同じプロットをまた表示する.今度は,別のオプションを変更した.
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

Showを入力するたびにオプション設定を変えてやることで,1つのプロットをいろいろな方法で見ることができる.最良なプロット仕様を見付けるには,このようにひとつひとつ設定条件を試しながら行うのもよい方法である.

Showを使い複数のプロットを重ねて表示することもできる.結果のグラフィックスのオプションはすべて,Show式の最初のグラフィックスのオプションを従う.

からまででプロットする.プロットは,の名前で内部保持される.
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
次に,からまででプロットする.
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
Plotはそれぞれのグラフィックスに対する明示的なPlotRangeを指定する.
In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=
PlotRangeを使って,に対して設定されている明示的な値をオーバーライドする.
In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=

Wolfram言語のグラフィックスはすべて式なので,他の式と同様に操作することができる.このような操作を行うときはShowを使う必要はない.

シンボルLineをすべて,で表されるグラフィックス式のシンボルPointで置換する.
In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]=

書式Show[plot1,plot2,]を使うと,複数のプロットを1つに重ね合せることができる.また,GraphicsGridを指定しておけば,複数のプロットを配列的に並べることもできる.

GraphicsGrid[{{plot11,plot12,},}] 縦横表示
GraphicsRow[{plot1,plot2,}]横並び表示
GraphicsColumn[{plot1,plot2,}]縦並び表示
GraphicsGrid[plots,Spacings->{h,v}]間隔指定付き再表示

複数のプロットの一括表示

先にプロットした複数のプロットを並べて表示する.
In[9]:=
Click for copyable input
Out[9]=
Showで並べて表示するときにオプションを指定すると,それは個々のプロットに対してでなく,配列全体に対して有効になる.
In[10]:=
Click for copyable input
Out[10]=

特に指定がない場合,GraphicsGridを指定するとプロットとプロットの境界に狭い間隔が置かれる.この間隔は,書式Spacings->{h,v}を使ったオプション設定で変えることができる.ここで,hv は,それぞれ,水平方向と垂直方向の間隔幅を表すパラメータである.デフォルトでは,Spacingsオプションはデフォルトフォントの文字の幅と高さを使って,h および v パラメータをスケールするが,グラフィックスでは一般にScaled座標を使った方が便利である.Scaledは値が格子の1要素の幅と高さを表すようにスケールする.

プロットの配列表示において,水平間隔は増やすが,垂直間隔は減らしてみる.
In[11]:=
Click for copyable input
Out[11]=

プロットすると,他の情報と一緒にプロットした点もリスト形式で保存される.Showを使うことで,これらの情報をもとに,プロットをいろいろな描画条件で再表示することができる.また,条件を変えても,Showにはもともとプロットした値が保存されているので,例えば,オプション設定で最初に作ったプロットを部分的に拡大表示させ,Plotで使われた個々の標本点を確認する,というようなことも可能である.ただし,オプションPlotPointsを使ったプロット点数の指定は,Plotコマンドを指定したときだけに有効である.(Wolfram言語では,常に保持してある実際の点がプロットされる.平滑化した曲線やスプライン曲線は使われない.これは,数学のグラフィックスで誤った解釈を与えかねないからである.)

簡単なプロットを見てみる.
In[12]:=
Click for copyable input
Out[12]=
部分的に拡大表示させる.この解像度ならば,Plotコマンドで生成されたひとつひとつの区間線を見分けることができる.
In[13]:=
Click for copyable input
Out[13]=