リモートコンピュータ上のプログラムを実行する

Wolfram Symbolic Transfer Protocol (WSTP)はWolfram言語内部から外部プログラムの呼出しを可能にする.その外部プログラムはリモートコンピュータ上で動作しているものであっても構わない.一般的には,リモートコンピュータのオペレーティングシステムからそのプログラムを起動する必要があるが,あとはWolfram言語セッション中でコマンドを発行して起動したプログラムと接続することができる.

toad.wolfram.com上のオペレーティングシステム

プログラムを起動し,新しいリンクを作成させる.
fprog -linkcreate -linkprotocol TCPIP
プログラムが作成したリンクの詳細が返ってくる.
Link created on: 2976@toad.wolfram.com,2977@toad.wolfram.com 

frog.wolfram.com上のWolframシステムセッション

作成されたリンクに接続する.
In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
上の外部プログラムのコードが実行される.
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

で作成された外部プログラムはWSTP接続を設定するためのコードを必ず持っている.そのようなプログラムをオペレーティングシステムから直接起動すると,プログラムは作成すべきコネクションのタイプを聞いてくる.オペレーティングシステムによっては,この情報をコマンドラインの引数として外部プログラムに与えることもできる.

prog-linkcreate -linkprotocol TCPIPプログラムを走らせ,リンクを作成させるオペレーティングシステムコマンド
Install[LinkConnect["port1@host,port2@host",LinkProtocol->"TCPIP"]]外部プログラムと接続するためのWolfram言語コマンド

リモートコンピュータの外部プログラムを実行する