オプションのスタイルと継承

グローバルフロントエンド全体と開いているすべてのノートブック
ノートブック (Notebook)現行ノートブック
スタイル (Style)現行のセルのスタイル
セル (Cell)指定のセル
選択範囲セル内部の選択範囲

オプションの設定できるレベルの階層

3つのセルを持つノートブック.

1.gif

3番目のセルにCellFrame->Trueを指定した場合.

2.gif

ノートブック全体にCellFrame->Trueを指定した場合.

3.gif

タイルで指定した場合.

5.gif

標準のノートブックフロントエンドでは,オプションインスペクタメニュー項目を使って,任意のレベルのオプションを調べたり設定したりすることができる.特定のレベルにオプションが指定されていなければ,そのオプションには1つ上のレベルのオプション値が継承される.したがって,例えばあるセルにCellFrameオプションが設定されていなければ,そのセルのあるノートブックのすべてのセルにグローバルに設定されている値が使われる.

その結果,ノートブック全体にCellFrame->Trueを設定すれば,そのノートブックのすべてのセルは枠で囲まれる.ただし,特定のセルに対して,あるいはそのセル自体に明示的に別の設定があれば,それが優先される.

ノートブック全体にデフォルトの設定をする
画面表示とプリント環境にスタイルを指定する
ノートブックの特定のスタイルを編集する

ノートブックのスタイルの設定法

Wolframシステムノートブックを使おうとする目的によって,ノートブックのそれぞれに異なる基本的なデフォルトスタイルを選ぶことが望ましい.標準のノートブックフロントエンドでは,スタイルシートメニューから異なるスタイルシートを選ぶことも,スタイルシートの編集メニュー項目を使うこともできる.

"StandardReport"日常用,レポート用スタイル
"NaturalColor"日常用のカラフルなスタイル
"Outline"アイディアをアウトラインするためのスタイル
"Notepad"テキストドキュメントを扱うためのスタイル

基本的なデフォルトスタイル

基本的なデフォルトスタイルのそれぞれによって別々のスタイルが提供される.従って,例えばスタイルシートはテキストドキュメントを扱うことを意図しているので,提供されるスタイルの数は限られている.

デフォルトスタイルを使ったノートブックの例.

8.gif

オプション
デフォルト値
ScreenStyleEnvironment"Working"スクリーンへの表示のために使うスタイル環境
PrintingStyleEnvironment"Printout"印刷出力のために使うスタイル環境

スタイルを指定するオプション

ある特定の基本的デフォルトスタイルについても,Wolframシステムは2つの異なるスタイルを持っている.ひとつは画面表示用で,もうひとつはプリンタ出力用である.画面表示とプリンタ出力に別々のスタイルを設定できることにより,解像度の低いディスプレイと高解像度のプリンタとのそれぞれにスタイルを最適化することができる.

"Working"画面表示のスタイル
"Presentation"プレゼンテーション用の画面表示スタイル
"Condensed"広い範囲を見たいときの縮小画面表示スタイル
"Slideshow"スライド用の画面表示スタイル
"Printout"プリンタ出力スタイル

スタイルの代表的な設定

実際にWolframシステムは,スタイル定義セルを使ってスタイルの定義を行う.このセルはスタイルシートノートブックとして独立に与えられるか,特定のノートブックにオプションとして含まれる.どちらの場合も,標準のノートブックフロントエンドのスタイルシートの編集メニュー項目を使って,スタイル定義にアクセスすることができる.