WOLFRAM言語チュートリアル

総和

Sum[expr,{n,nmin,nmax}]n から までの式 expr の総和を計算する

総和

この式は をベキ級数展開したものと解釈される.
In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
ベッセル(Bessel)関数が使われ和が求められる.
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
この和にも標準的な特殊関数が使われる.
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
和を取るとき一般化された超幾何関数が現れることはそれほどめずらしくない.
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

総和と積分の間にはいろいろと似た点がある.不定形の積分があるように,不定形の和も変数を上限指定に使うことで扱うことができる.

これは,実効的な不定形の和を形成する.
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
この和は不完全ガンマ関数で構成される.
In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=
今度は,ポリガンマ関数で構成される.
In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=
の逐次値から得られる式の差を取っていくともとの和が求まる.
In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]=

数学の公式集にある和の式ならWolframシステムですべて求まる.不定積分でそうだったように,単純な関数を含む式からなる不定和でも,その答は複雑なものになりがちである.それでも,定積分のように,定形の和については,求まる答がもとの関数より簡単な関数で構成することが可能である.

不定形の和を取る.答が非常に複雑になってしまう.
In[9]:=
Click for copyable input
Out[9]=
定形の和はずっと単純である.
In[10]:=
Click for copyable input
Out[10]=
多少複雑な和を取ってみる.
In[11]:=
Click for copyable input
Out[11]=