WOLFRAM言語チュートリアル

和と積

これは和 を表す.
In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
下限が1のときは,入力しなくてよい.
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
反復変数の刻み幅を2にして,奇数番の項だけが含まれるようにする.
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
乗積は和と同じような表現である.
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
Sum[f,{i,imin,imax}]
Sum[f,{i,imin,imax,di}]di 刻みで i を増加させた和
Sum[f,{i,imin,imax},{j,jmin,jmax}]重和
Product[f,{i,imin,imax}]乗積

和と積

この和は,の関数として記号的に計算される.
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
Wolframシステムは,無限級数に対しても厳密な結果を見出すことができる.
In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=
積分と同様に,単純な和でも,計算結果は複雑になるものがある.
In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=
この和は,標準的な数学関数では厳密に表せない.
In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]=
しかし,結果の数値的な近似を得ることは可能である.
In[9]:=
Click for copyable input
Out[9]=

Wolfram言語には重和と重積に対応した記述法もある.ij 上の二重和は,Sum[f,{i,imin,imax},{j,jmin,jmax}]と記述する.これは,慣用的な数学表記の に対応している.なお,Wolfram言語の記述では,数学表記と同様に最も外側にある変数が最初に指定されることに注意してほしい.

これは二重和 を表す.数学表記の場合と同様に,外側の和が最初に指定されることに注意.
In[10]:=
Click for copyable input
Out[10]=

SumProductにおける変数の範囲の指定の仕方は,Wolfram言語全体で標準の「反復子の記述法」に従っている.この記述法は,Tableを使ったリストの作成(「数値の表を作る」)とDoループの構築(「反復処理」)を説明する際に再び登場する.

{imax}反復処理を 回行う(刻みに関する指定はなし)
{i,imax}i の間で刻みで増分
{i,imin,imax}i刻みで増分
{i,imin,imax,di}idi 刻みで増分
{i,imin,imax},{j,jmin,jmax}, i刻みで増分させ,各々の値において j で増分

反復子の記述法