演算子の操作

のような式は,演算子 f を式 x に適用させることで形成されるものと考えることができる.また,のような式は,2つの演算子 fg の組合せの結果を x に適用させたものと考えることができる.

Composition[f,g,]複数の関数 f, g, を組み合せる
RightComposition[f,g,]f, g, の右側から組み合せる
InverseFunction[f]関数 f の逆関数を求める
Identity恒等関数

関数操作

これは,関数 fg を組み合せた複合関数を表す.
In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
複合関数をシンボル的に操作させることも可能である.
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
特定の引数を与えると,複合関数の具体的な値が計算される.
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
複合関数は,演算子を使って入力することができる.
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
RightCompositionは逆の順序で組み合せる.
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
右側からの複合関数は,演算子を使って入力することができる.
In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=

Wolframシステムで2つの式の和を求めるには と入力すればよい.それでは,演算子の和はどうしたら求めることができるだろう.

これは,演算子 の和を含んだ式と考えることができる.
In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=
Throughを使うことで,式の形をより明示的な形に変換することができる.
In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]=
この式は,数学の演算子 に相当する.
In[9]:=
Click for copyable input
Out[9]=
演算子の持つ複数の演算成分は,自動的には式に適用されない.
In[10]:=
Click for copyable input
Out[10]=
Throughを使えばそれが可能になる.
In[11]:=
Click for copyable input
Out[11]=
Identity[expr]恒等関数
Through[p[f1,f2][x],q]pq と等しければ,を返す
Operate[p,f[x]]を返す
Operate[p,f[x],n]演算子 pf の第 n レベルに適用する
MapAll[p,expr,Heads->True]演算子 p を式 expr の頭部を含むすべての部分に適用する

演算子の操作

これは,複雑な式を頭部として持つ.
In[12]:=
Click for copyable input
Out[12]=
Expand等の関数は,自動的に式の頭部まで作用することはない.
In[13]:=
Click for copyable input
Out[13]=
オプションHeadsTrueに設定すると,MapAllは頭部にも作用するようになる.
In[14]:=
Click for copyable input
Out[14]=
置換演算子は,そのままでも式の頭部に作用する.
In[15]:=
Click for copyable input
Out[15]=
Operateを使うことで,特別に任意関数を式の頭部に作用させることができる.
In[16]:=
Click for copyable input
Out[16]=