これは,Wolfram言語の以前のバージョンに基
づくMathematica 7のためのドキュメントです.
最新のドキュメント(バージョン11.1)もご覧ください.
Mathematicaチュートリアル|関数 »

ベクトル操作

v[[i]] または Part[v,i]ベクトル vi 番目の要素を返す
c vベクトル vc 回のスカラー倍
u.v2つのベクトルのドット積
Norm[v]v のノルムを与える
Normalize[v]v の方向の単位ベクトルを与える

基本的なベクトル操作

3次元のベクトルである.
In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
vとは逆向きで大きさが2倍のベクトルuである.
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
uの最初の要素がその負となるよう割り当てる.
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
uvのドット積である.
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
vのノルムである.
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
vと同じ方向の単位ベクトル.
In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=
ノルムが1であることを検証する.
In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=
2つのベクトルのドット積がゼロであれば,そのベクトルは直交である.ベクトルの集合がすべて単位ベクトルであり,ペアで直交であるならば,その集合は直交である.
Projection[u,v]uv への直交投射
Orthogonalize[{v1,v2,...}]与えられたベクトルのリストから正規直交集合を生成する

直交ベクトルの操作

uvへの投射である.
In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]=
pvのスカラー倍である.
In[9]:=
Click for copyable input
Out[9]=
u-pvに対して直交である.
In[10]:=
Click for copyable input
Out[10]=
ベクトル集合{u, v}から開始すると,以下は2つのベクトルの正規直交集合を見付ける.
In[11]:=
Click for copyable input
Out[11]=
ベクトルのうちの1つが,先行するベクトルに線形依存である場合,結果において対応する位置はゼロベクトルになる.
In[12]:=
Click for copyable input
Out[12]=