Mathematica 9 is now available
2.1 サーブレットコンテナの設定

ドキュメント2. インストール

 

2.1 サーブレットコンテナの設定

webMathematica のインストールを始める前に,Javaとサーブレトコンテナをインストールする必要があります.これらがすでにインストールされている場合は,ここを飛ばして次のステップに進んでください.

サーブレットコンテナにもさまざまな種類がありますが,Tomcatはその中でも大変便利なものです.これはhttp://jakarta.apache.orgで入手できます.JRunも人気のあるサーブレットコンテナで,http://www.macromedia.com/software/jrun/から入手できます.webMathematica の実行にはTomcatを使うのが一般的なので,UnixWindowsにおけるTomcatのインストールと設定についても説明を加えましたのでご利用ください.

webMathematica はTomcat,JRun,それにhttp://www.wolfram.co.jp/products/webmathematica/technology/specifications.htmlに列挙されている他のコンテナでテストされています.この他のコンテナでwebMathematica を実行したいと特にご希望の方,あるいは実行した経験がおありの方はWolfram Researchまでご連絡ください.しかし,何らかの理由で特に使いたいコンテナが決まっている場合を除いては,Apache Tomcatをお使いになることをお勧めします.

サンプルサーブレットを起動してサーブレットコンテナが正しく動くことを確認したら,webMathematica のインストールを始めてください.サーブレットコンテナが動かなければwebMathematica も動きません.このセクションの後半ではJavaとTomcatの設定について説明します.Tomcatをお使いにならない場合は後半は飛ばし,ご自分のサーブレットコンテナについての文書をご参照ください.

2.1.1 Javaの設定

Javaバージョン1.2以降をサポートするJava開発キット(JDK)ならどれでも使えます.しかしWindows 2000/NT/XP,Linux,Solarisの場合は,SunのJava 2バージョン1.4のような新しいバージョンのJavaを使われることをお勧めします.これはSunのJavaメインサイトhttp://java.sun.com/j2se/1.4.1/download.htmlで入手できます.このサイトでは,インストールについてプラットフォーム別に細かく説明されています.インストールはどれも比較的簡単で,大抵の場合,インストーラをダウンロードして実行するだけです.webMathematica を起動するのに必要なのはJDKです.Mac OS XにはJava 2のバージョン1.3がプレインストールされています.その他のプラットフォームには製造元から最新バージョンのJavaを入手することができます.役に立つリンクもご覧ください.

JAVA_HOME環境変数の設定も必要です.これについてはUnixWindowsの各セクションで説明します.

Unix

JAVA_HOME環境変数をTomcatが実行される環境に設定する必要があります.bashシェルの初期化ファイルである.bashrcの中に入れるのに適した以下の例をご覧ください.

JAVA_HOME=/usr/local/j2sdk1.4
export JAVA_HOME

この他のシェルの場合は,それぞれの環境変数設定の基準に従ってください.

Windows

Windowsの場合はTomcatのインストーラがインストールされているJavaを見付けるので,JAVA_HOME環境変数の設定はそれほど重要ではありません.とは言うものの,この設定はやはりお勧めしたいものです.

「コントロールパネル」の「システム」アイコンを開くと「システムのプロパティ」ウィンドウが現れます.ここで「詳細設定」タブを,次いで「環境変数」ボタンを選びます.システム変数として「JAVA_HOME」と入力し,これをJDKが入っているトップディレクトリに設定します.例えば,JDKがc:\j2sdk1.4.0_01にインストールされている場合はこれがJAVA_HOMEの設定になります.

Mac OS X

Mac OS X 10.2には出荷時にJava 2バージョン1.3.1が入っています.JDKは最近バージョン1.4.1にアップデートされました.このバージョンはソフトウェアアップデートとして入手することができます.http://www.apple.com/java/をご覧ください.JAVA_HOME環境変数を適切に設定すると,常にJDKの最新バージョンを使うようにすることができます. 以下をご覧ください.

setenv JAVA_HOME /System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Home

Mac OS X用のデフォルトのログインシェルはtcshなので,上記のコマンドは.tcshrcのように適切なシェル初期化ファイルに入れる必要があります.

2.1.2 Tomcatの設定

このセクションではUnixとWindowsでのTomcatの設定方法を説明します.TomcatのメインWebサイトはhttp://jakarta.apache.orgです.付録のリンクには便利なリンクが載っています.

Unix

Tomcatを実行するためには,まずマシンにJDKを設定しなければなりません.設定方法については前のセクションをご参照ください.

Tomcatの現行バージョンのダウンロード情報はhttp://documents.wolfram.com/webmathematica/updates/install/tomcat/currentをご覧ください.いろいろのアーカイブ形式があります.アーカイブの内適当なものを/usr/localのようなどこか中央の場所で解凍してください.ここでトップレベルのディレクトリの名前を変えることもできます.Tomcatの実際の場所とトップレベルのディレクトリ名はユーザの一存で決定できます.以下はこのステップのシェルインストラクションのサンプルです(tar xvfz archiveは,抽出されたファイルについての情報を与えます). Tomcatのこの他のバージョンは,ApacheのWebサイトhttp://jakarta.apache.orgから入手できます.

[server1]$ cd /usr/local
[server1]$ tar xfz jakarta-tomcat-4.1.18.tar.gz
[server1]$ mv jakarta-tomcat-4.1.18 tomcat

Solarisのように,プラットフォームによってはデフォルトのtarコマンドを使っても上記のようにTomcatのアーカイブが解凍できない場合があります. この場合,オプションが使いたければhttp://www.gnu.org/directory/GNU/tar.htmlからGNU tarユーティリティをダウンロードするとよいでしょう.

tomcatのように特権レベルの低いアカウントを作ってサーブレットコンテナを実行するとよいでしょう.また,このアカウントにホームディレクトリがあってXサーバとMathematica の初期設定情報が保存できると便利でしょう.この条件に合うアカウントを作ったら,このアカウントから実行できるようにTomcatレイアウトの所有者を変更する必要があるかもしれません.

[server1]$ chown -R tomcat tomcat

Tomcatのメインのトップディレクトリには,下記のようないくつかの重要なディレクトリがあります.

tomcat
bin
   conf   
   logs
   webapps

binディレクトリにはTomcatを実行するためのコマンドが入っています.confディレクトリにはサイトの設定ファイルが入っています.logsディレクトリにはさまざまなログファイルが入っています.webappsディレクトリはwebMathematica をインストールするところです.tomcatユーザならbinディレクトリから直接Tomcatを実行することができます.

[server1]$ su tomcat
[server1]$ cd tomcat/bin
[server1]$ ./startup.sh

これで,http://localhost:8080のようなURLを介してTomcatに接続できるはずです.これでTomcatのトップページが返されなければ,何か設定に問題があるのかもしれません.ログファイルを見てください.問題の所在が分かるかもしれません.UnixでのJavaのインストールに関するセクションで説明したように,JAVA_HOME変数が設定されていることも確認してください.

binディレクトリにもスクリプトのshutdown.shが入っています.これはTomcatの終了に使われます.

Unix上でのTomcatの自動起動については後ろのセクションで説明します.

Windows

Tomcatを実行するためには,マシンにJDKが設定されていなければなりません.これについては前のセクションで説明してあります.

Tomcatの現行バージョンのダウンロード情報はhttp://documents.wolfram.com/webmathematica/updates/install/tomcat/currentをご覧ください.Tomcatのインストールには自己インストール型の実行ファイルをダウンロードすると便利です.インストーラを起動し,インストラクションに従ってください.自己インストール型の実行ファイルを使わない場合は,バイナリファイルを都合のよい場所で解凍してください.この他のバージョンのTomcatはApacheのWebサイトhttp://jakarta.apache.orgからどうぞ.

インストーラはコンピュータ上の使用可能なJavaをチェックします.インストールされていない場合はその旨が知らされます.

tomcat
bin
   conf   
   logs
   webapps

binディレクトリにはTomcatを実行するためのコマンドが入っています.confディレクトリにはサイトの設定ファイルが入っています.logsディレクトリにはさまざまなログファイルが入っています.webappsディレクトリはwebMathematica をインストールするところです.tomcatユーザならbinディレクトリから直接Tomcatを実行することができます.

インストーラがStart Menu Groupを加え,そこからTomcatが実行されます.これをhttp://localhost:8080のようなURLを使ってテストしてください.Tomcatが正しく実行できない場合はコマンドプロンプトウィンドウを開き,ディレクトリをbinディレクトリ (Tomcatのメインのトップレベルディレクトリ)に変更(cd)し,startup.batバッチファイルを実行してみてください.Windows Explorerからこのファイルをダブルクリックすることもできます.「スタート」メニューを使ってTomcatをスタートしたりストップしたりすることができると大変便利です(これもTomcat 4.1の新機能です).しかし,Windows のプロダクションサーバとしてTomcatを実行する場合は,Windowsのサービスとして実行した方がいいでしょう.方法はWindowsでのTomcatの自動起動に関するセクションをご覧ください.

Mac OS X

Tomcatを実行する前にマシンにJDKを正しく設定したかどうか碓認する必要があります.これについては前のセクションをご参照ください.

Tomcatの現行バージョンのダウンロード情報はhttp://documents.wolfram.com/webmathematica/updates/install/tomcat/current.をご覧ください.いろいろなアーカイブ形式があります.その中から適当なものを/Libraryのようなどこか中央の場所で解凍してください.ここでトップレベルのTomcatディレクトリの名前を変えることもできます.Tomcatの実際の場所とトップレベルのディレクトリ名はユーザの一存で決定できます./LibraryFinderから見ることができるので便利です.この他のバージョンのTomcatはApacheのWebサイトhttp://jakarta.apache.orgからどうぞ.

以下に示すように,デフォルトのOS X tarコマンドを使ってTomcatのアーカイブを解凍することはできません.下記のオプションを使うためにはGNU tarユーティリティ(gnutar)を/usr/bin/に置く必要があるかもしれません.*.tar.gzアーカイブが解凍できるStuffit Expanderのバージョン7.0.1以降を使うこともできます.

以下はこのステップのシェルインストラクションのサンプルです(tar xvfz archiveは,抽出されたファイルについての情報を与えます).この指示は「アプリケーション」▸「ユーティリティ」▸「ターミナル」を使用していると仮定しています.

[server1]$ cd /Library
[server1]$ sudo /usr/bin/gnutar xfz jakarta-tomcat-4.1.18.tar.gz
[server1]$ sudo mv jakarta-tomcat-4.1.18 tomcat

tomcatのように特権レベルの低いアカウントを作ってサーブレットコンテナを実行するとよいでしょう.これは「システム環境設定」パネルで行うことができます.このようなアカウントを作ったら,このアカウントから実行できるようにTomcatレイアウトの所有者を変更する必要があるかもしれません.

[server1]$ sudo chown -R tomcat tomcat

Tomcatのメインのトップディレクトリには,下記のようないくつかの重要なディレクトリがあります.

tomcat
bin
   conf   
   logs
   webapps

binディレクトリにはTomcatを実行するためのコマンドが入っています.confディレクトリにはサイトの設定ファイルが入っています.logsディレクトリにはさまざまなログファイルが入っています.webappsディレクトリはwebMathematica をインストールするところです.tomcatユーザならbinディレクトリから直接Tomcatを実行することができます.

[server1]$ su tomcat
[server1]$ cd tomcat/bin
[server1]$ ./startup.sh

これで,http://localhost:8080のようなURLでTomcatに接続できるはずです.これでTomcatのトップページが返されなければ,何か設定に問題があるのかもしれません.ログファイルを見てください.問題の所在が分かるかもしれません.Mac OS XでのJavaのインストールに関するセクションで説明したように,JAVA_HOME変数が設定されていることも確認してください.

binディレクトリにもスクリプトのshutdown.shが入っています.これはTomcatの終了に使われます.

が十全に機能するためにはMac OS Xコンソールからログオンする必要がある点にもご注意ください.これは,Mathematica のフロントエンドがMac OS Xのウィンドウ環境を必要とするためです.



Any questions about topics on this page? Click here to get an individual response.Buy NowMore Information
THIS IS DOCUMENTATION FOR AN OBSOLETE PRODUCT. CURRENT WEBMATHEMATICA DOCUMENTATION IS NOW AVAILABLE.