Mathematica 9 is now available
3.10 JavaScript: PlotScript.jsp

ドキュメント3. 基本的な例題

 

3.10 JavaScript: PlotScript.jsp

次の例ではMathematica のパワーを使ったWebサイトにJavaScriptを統合する方法を見てみます.また,クライアントとサーバプログラミングも見ていきます.このセクションにはJavaScriptのプログラミングが出てきます.

JavaScriptとJavaは異なる言語である点にご注意ください.JavaScriptはブラウザのドキュメントその他の機能の操作に優れたスクリプト言語です.Javaは,アプレットを介してHTML等で使われる一般的な目的のプログラミング言語です.JavaScriptはブラウザやブラウザ内のドキュメント操作に優れており,Javaはより高度な関数のコレクションを備えていてブラウザのウィンドウに描画できるので,この2つの言語は互いに補いあう関係にあります.JavaScriptとJavaを同時に使うことも可能です.

前述のようにwebMathematica をインストールするとhttp://localhost:8080/webMathematica/Examples/PlotScript.jspでこのMSPに接続することができます(ご自分のサーバに接続するURLはこれとは多少異なる場合もあります).このページのソースはwebMathematica/Examples/PlotScript.jspwebMathematica/Examples/PlotScript1.jspにあります.

まずこれがPlotScript.jspのソースです.

<%@ page language="java" %>
<%@ taglib uri="/webMathematica-taglib" prefix="msp" %>

<html>
<head>
<title>Live 3D Plotting</title>
</head>

<body text="#171717" bgcolor = "#ffffff">
<html>
<head>
<SCRIPT>
<!--- Hide script from old browsers
function plot(f) {
    win = window.open( "PlotScript1?fun=" +
    escape(f.fun.value) + "&x1=" + escape(f.x1.value),
    "plot", "toolbar=none");
    win.resizeTo( 450, 350);
}
// end hiding from old browsers -->
</SCRIPT>
<title>Plot</title>
</head>
<body>
<h1>Plot</h1>
<form action="Plot" method="post">
<msp:allocateKernel>
Enter a function:
<input type="text" name="fun" size="24" value =
"<msp:evaluate> MSPValue[ $$fun, "Sin[x]^2"] </msp:evaluate>">
Enter a number:
<input type="text" name="x1" size="24" value =
"<msp:evaluate> MSPValue[ $$x1, "10"] </msp:evaluate>">
<hr>
<input type="button" value="Plot" onClick="plot(this.form)">
</msp:allocateKernel>
</form>
</body>
</html>

次に,これがPlotScript1.jspのソースです.

<html>
<head>
<title>Function Plot</title>
</head>
<body bgcolor="#ffffff">
<msp:allocateKernel>
<msp:evaluate>
   MSPBlock[ {$$fun, $$x1},
      MSPShow[ Plot[$$fun, {x, 0, $$x1}, ImageSize->400]]]
</msp:evaluate>
</msp:allocateKernel>
<form action="Plot" method="post">
<input type="button" value="Close" onClick="window.close()">
</form>
</body>
</html>

これはJSPがJavaScriptをどのように使っているかを示す簡単な例です.最初のページのPlotScript.jspでは,2つのテキストinput要素のformと1つのsubmitボタンを持つページを形成します.このボタンをクリックすると,PlotScript1.jspの出力の載った新しいウィンドウが開きます.



Any questions about topics on this page? Click here to get an individual response.Buy NowMore Information
THIS IS DOCUMENTATION FOR AN OBSOLETE PRODUCT. CURRENT WEBMATHEMATICA DOCUMENTATION IS NOW AVAILABLE.