Mathematica 9 is now available
3.11 変数の設定:SetBasic.jsp

ドキュメント3. 基本的な例題

 

3.11 変数の設定:SetBasic.jsp

前述のようにwebMathematica をインストールするとhttp://localhost:8080/webMathematica/Examples/SetBasic.jspでこのJSPに接続することができます(ご自分のサーバに接続するURLはこれとは多少異なる場合もあります)

この例題ではJSPで計算された値をMathematica に渡します.Mathematica はこの値を使って計算します.この例題ではJavaのプログラミングを使っています.この点が,Javaのプログラミングを必要としないほとんどのwebMathematica との違いです.このページのソースはwebMathematica/Examples/Set.mspにあります.以下はこのソースです.

<%@ page language="java" %>
<%@ taglib uri="/webMathematica-taglib" prefix="msp" %>

<html>
<head>
<title>Set Example</title>
</head>
<body bgcolor="#ffffff" >

<h1>Set Example</h1>

<p>
This jsp uses the MSP Taglib to demonstrate passing
Java values to Mathematica.
</p>

<%
int num = 10;
Object obj = new Object();
%>

<msp:allocateKernel>

<msp:set name="var1" intValue="<%= num %>" />
<msp:set name="var2" objectValue="String from java" />
<msp:set name="var3" objectValue="<%= obj %>" />

<msp:evaluate>
Nest[ f, x, var1]   
</msp:evaluate>

<msp:evaluate>
Characters[ var2]
</msp:evaluate>

<msp:evaluate>
var3@hashCode[]
</msp:evaluate>

</msp:allocateKernel>

</body>
</html>

この例題では変数numがint,strがString(文字列),objがObject(オブジェクト)を表します.このそれぞれがJSPで作成され,msp:setタグを使ってMathematica に渡されます.このタグはname属性とvalue属性の2つの引数を取ります.name属性はMathematica で変数に与えられる名前を与えます.一方value属性は値を参照するものです.変数がint,char,doubleのようなプリミティブタイプの場合は,intValuecharValuedoubleValueのような適切な値属性を使う必要があります.msp:setはJava intをMathematica の整数として送りJava StringをMathematica の文字列として送る方法にご注目ください.Java ObjectはMathematica オブジェクトの参照として送られます.JavaからMathematica へどのようにタイプが送られるのかを決めている規則は,J/Link で使われている規則と全く同じものです.



Any questions about topics on this page? Click here to get an individual response.Buy NowMore Information
THIS IS DOCUMENTATION FOR AN OBSOLETE PRODUCT. CURRENT WEBMATHEMATICA DOCUMENTATION IS NOW AVAILABLE.