Mathematica 9 is now available
3.12 変数の取得:GetBasic.jsp

ドキュメント3. 基本的な例題

 

3.12 変数の取得:GetBasic.jsp

前述のようにwebMathematica をインストールするとhttp://localhost:8080/webMathematica/Examples/GetBasic.jspでこのJSPに接続することができます(ご自分のサーバに接続するURLはこれとは多少異なる場合もあります).

この例題ではJSPで計算された値をMathematica に渡します.Mathematica はこの値を使って計算します.このページのソースはwebMathematica/Examples/Set.mspにあります.その一部分は以下のようになっています.

<msp:allocateKernel>

<msp:evaluate>
   num = Random[Integer, {1, 10}];
   list = Table[ Random[], {num}] ;
   sum = Apply[ Plus, list]/num;
</msp:evaluate>

<msp:get name="dArray" type="double[]" value="list" />
<msp:get name="dValue" type="Double" value="sum" />

<p>
The average is <%= dValue %>.
</p>

<table border>
<% for ( int i = 0; i < dArray.length; i++) { %>
<tr><td><%= dArray[i] %></td></tr>
<% } %>
</table>

</msp:allocateKernel>

この例ではMathematica が乱数のリストを生成し,その平均値を計算します.JSPはmsp:getタグを使ってこれらの値を得ます.このタグはname属性,type属性それにvalue属性を持っています.name属性はJavaの変数名を制御します.type属性はJavaで使われるタイプを制御します.value属性は評価しなければならないMathematica の式を渡します.Object,String,配列のような参照タイプのみがmsp:getタグで渡されます.これに加え,Javaで与えられるタイプはMathematica が送ったタイプと互換性がなければなりません.さもなければ例外が投げられます.Mathematica からの伝達規則は通常のJ/Link タイプの変換が適用されますが,適用されなければオブジェクトはJ/Link が提供する一般的なMathematica 式を表すcom.wolfram.jlink.Exprタイプのオブジェクトに変換されます.

この例題にはJavaとMathematica の両方のプログラミングが必要です.これはwebMathematica を既存のJSPフレームワークに統合することがいかに簡単かを示しています.



Any questions about topics on this page? Click here to get an individual response.Buy NowMore Information
THIS IS DOCUMENTATION FOR AN OBSOLETE PRODUCT. CURRENT WEBMATHEMATICA DOCUMENTATION IS NOW AVAILABLE.