Mathematica 9 is now available
3.13 MSPとの対話:IncludeMSP.jsp

ドキュメント3. 基本的な例題

 

3.13 MSPとの対話:IncludeMSP.jsp

前述のようにwebMathematica をインストールするとhttp://localhost:8080/webMathematica/Examples/MSPInclude.jspでこのJSPに接続することができます(ご自分のサーバに接続するURLはこれとは多少異なる場合もあります).

この例題はJSPがどのようにMSPスクリプトを呼び出すかを示します.MSPスクリプトは,現在はJSPとなっているwebMathematica のインタラクションのもとの形式です.これについては後のセクションで詳述します.このページのソースはwebMathematica/Examples/IncludeMSP.mspにあります.以下はその一部分です.

<%@ page language="java" %>
<%@ taglib uri="/webMathematica-taglib" prefix="msp" %>

<html>
<head>
<title>MSP Include Example</title>
</head>
<body>

<h1>MSP Include Example</h1>

<p>
This JSP uses the MSP Taglib to demonstrate including
the results of an entire MSP.
</p>

<msp:includeMSP name="Examples/PlotSingle" arguments="fun=Sin[x]&x1=10" />

</body>
</html>

この例ではMSP Examples/PlotSingle.mspの結果がJSPに含まれています.属性は2つあります.name属性はMSPが呼び出されるようにし,arguments属性はMSPに追加的な引数を与えます.この機能は既存のMSPをJSPで使いたいときに便利です.これと緊密な関係を持つタグで,MSPに転送するmsp:forwardMSPタグというものがあります.



Any questions about topics on this page? Click here to get an individual response.Buy NowMore Information
THIS IS DOCUMENTATION FOR AN OBSOLETE PRODUCT. CURRENT WEBMATHEMATICA DOCUMENTATION IS NOW AVAILABLE.