Mathematica 9 is now available
3.4 グラフィックス:Plot.jsp

ドキュメント3. 基本的な例題

 

3.4 グラフィックス:Plot.jsp

前述のようにwebMathematica をインストールするとhttp://localhost:8080/webMathematica/Examples/Plot.jspでこのJSPに接続することができます(ご自分のサーバに接続するURLはこれとは多少異なる場合もあります).

この例題はプロットを生成します.このページのソースはwebMathematica/Examples/Plot.jspにあります.以下はformタグを示している部分です.

<form action="Plot.jsp" method="post">

<msp:allocateKernel>
Enter a function:
<input type="text" name="fun" size="24" value =
   "<msp:evaluate>MSPValue[ $$fun, "Sin[x]^2"]
      </msp:evaluate>"       ひとつの呼出しから次の呼出しまで入力設定が保存される
/>
Enter a number:
<input type="text" name="x1" size="24" value =
   "<msp:evaluate>MSPValue[ $$x1, "10"]
      </msp:evaluate>"
/>
<br>
<msp:evaluate>
   MSPBlock[ {$$fun, $$x1},
      MSPShow[ Plot[$$fun, {x, 0, $$x1}]]]
</msp:evaluate>
<hr>
</msp:allocateKernel>

<input type="submit" name="btnSubmit" value="Evaluate">

</form>

この例はMSPの関数MSPBlockMSPShowの使い方を示しています.MSPBlockは前のセクションで導入したプログラミングユーティリティです.MSPShowMathematica のグラフィックスオブジェクトをPlotコマンドから受け取ってGIF画像を生成します.この画像はサーバに保存され,<img>タグが返されます.数式やグラフィックスのフォーマッティングについては「数式やグラフィックスの表示」で詳しく説明します.ページが使われる度に,ユーザ入力を保存するためにMSPValueがどのように使われているかご注目ください.



Any questions about topics on this page? Click here to get an individual response.Buy NowMore Information
THIS IS DOCUMENTATION FOR AN OBSOLETE PRODUCT. CURRENT WEBMATHEMATICA DOCUMENTATION IS NOW AVAILABLE.