AmplitudeModulation


搬送波周波数 ヘルツ,変調周波数 ヘルツ,変調指数 ,継続時間 dur 秒の振幅変調正弦波のSoundオブジェクトを生成する.

AmplitudeModulation[fc, fm, mi, dur, RingModulation->True]
リング変調正弦波を生成する.

詳細詳細

  • を使うためには,まずオーディオパッケージをロードしなくてはならない.それにはNeeds["Audio`"]を実行する必要がある.
  • 振幅変調を使って作成されたサウンドには搬送波周波数の他,搬送波周波数と変調周波数の和および差の3つの周波数が含まれる.
  • 次のオプションを使うことができる:
  • DisplayFunctionIdentityサウンドが戻る前に適用する関数
    PlayRange{-1, 1}含むべきサウンドの振幅レベルの範囲
    RingModulationFalseリング変調を使うかどうか
    SampleDepth8サウンドの振幅のエンコードに使われるビット数
    SampleRate81921秒あたりのサンプルレート
  • オプションをRingModulation->Trueと設定した場合,で生成されたSoundオブジェクトが含む周波数は,搬送波周波数と変調周波数の和と差の2つだけである.
  • で使われる式はで与えられる.
  • オプションをRingModulation->Trueと設定した場合,で使われる式は で与えられる.
  • 変調の深さ,つまり強さは,変調指数 で制御される.
  • 運搬周波数は のとき過変調と呼ばれる.
  • の効果が最もよく分かるのは,異なる値(通常0.1と2.0の間)を試してみたときである.
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »