CCodeGenerate


エキスポートされた関数としての名前 name を使って,Cコードをコンパイルされた関数 cfun から生成し,ファイル name.cに保存する.


出力を filename に生成する.


Cコードをいくつかのコンパイルされた関数から生成し,filename に保存する.

詳細詳細

  • を使うには,まずNeeds["CCodeGenerator`"]を使って前者をロードする必要がある.
  • はスタンドアロンのコードあるいはWolfram Libraryを作成することができる.
  • Mathematica にはスタンドアロンのコードに必要なヘッダとライブラリが含まれている.
  • 生成されたコードのヘッダは,に設定して生成することができる.
  • 使用可能なオプション:
  • "CodeTarget""WolframRTL"生成するコードの型

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

まずパッケージをロードする:

In[1]:=
Click for copyable input

Cコードをファイル内に生成する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

Cコードのファイルを表示する:

2つのコンパイルされた関数からコードを生成する:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

Cコードのファイルを表示する:

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »