CCompilerDriver

CCompilerDriverパッケージを使うと,コンピュータにインストールされているCコンパイラが使えるようになる.これにより,Cソースコードから実行ファイル,ライブラリ,オブジェクトファイルが構築できるようになる.CompilationTargetオプションを"C"と設定すると,CCompilerDriverパッケージは Mathematica コンパイラによって自動的に呼び出される.これは MathLink 実行ファイルWolfram LibraryMathematica にリンクできるダイナミックリンクライブラリ)の構築にも便利である.

参照項目参照項目

CreateExecutable Cコードから実行ファイルを作成する

CreateLibrary Cコードからライブラリを作成する

CreateObjectFile Cコードからオブジェクトファイルを作成する

$CCompiler ▪ CCompilers ▪ $CCompilerDefaultDirectory

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »